スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ケルン大聖堂

ベルギーのアントワープから一気にドイツのフランクフルトまで移動!

5_20080718031009.jpg

途中にあるケルンで電車を降りて、ヨーロッパ最大のゴシック建築であるケルン大聖堂を拝見しました。


駅から外に出ると、ドーン!!  いきなりですか!? 大聖堂さん!

1_20080718030827.jpg

2_20080718030920.jpg

3_20080718030939.jpg

まーでかい!!  でか過ぎる。 でも一度見ればそれで十分!

4_20080718030954.jpg


大聖堂の中も見学して、広場でビンボーパンをガッツリ食べてフランクフルトに向けて出発。


ドイツは特に見るところがないんだけど、フランクフルトに少し滞在してライン川のクルージングだけはしとこうかなって感じです。  きっと古城が見れるはず!!

スポンサーサイト

ライン川と古城

フランクフルトから電車で1時間のことにあるコブレンツから、ライン川のクルージング船に乗船。

2_20080718032721.jpg


雄大な川をゆっくりと上流に向かって進んで行きます。


さすが人気クルージングともなると観光客がいっぱいで、甲板にはファミリーだらけ。 あんまり若い人はいないなー。

3_20080718032730.jpg

このクルージングの楽しみはなんと言っても、ライン川沿いに沢山ある古城を見れるとこ。


乗船まもなくして、一つ目の古城が見えてきました。

4_20080718032743.jpg

なんともメルヘンチック♪


一つ目が見えたと思ったら15分おきに次々と古城が…

5_20080718032759.jpg

6_20080718032811.jpg

7_20080718032823.jpg

8_20080718032835.jpg

9_20080718032850.jpg

っとこんな感じで約7時間の船旅でした。 最後には古城もお腹いっぱいで寝てたけど、ドイツのこのコースは外せないかも(笑)

のんびりの一日でした。

ノイシュヴァンシュタイン城

これからオーストリアなどの東欧を周る為、ドイツに戻ってきました。


でも、その前にミュンヘンに滞在。 とりあえずビールと白ソーセージはウマイ!!


だけど、ミュンヘンも含めてドイツの主要都市は基本的に何も見るもんがなくて、面白味がない。


そんなミュンヘンに滞在したのは、ここから電車で2時間くらいのとこにある王城、ノイシュヴァンシュタイン城を拝見する為。 この王城はドイツにある城の中でも別格とされていて、ドイツ観光ではハイライトな場所との噂だったので行って見ることにしました。



電車とバスを乗り継いで2時間半、やっとチケット販売所に到着!  


ここから、馬車か40分歩くかの選択だったのだが、極貧パッカーには馬車なんて高級な乗り物は乗れません。  40分かけて山道を登り城を目指すことにしました。


それにしても日本や世界問わず、城を建てようとする昔の偉い人はだいたい山の上とか、見晴らしのいいとこに建てたがる。


こっちの身にもなってみろと言いたいが、高い所に建てたい気持ちは確かに分かる。
まーしょうがないやね。


もらった地図には城まで徒歩40分と書いてあったけど、20分で着いてしまった。
スイスのハイキングでかなり鍛えられてたみたい。


城の見学は30人くらいのツアーでしか入れなくて、入場の時間も決まっている。 それだけ見学者が多いってことなんだけど、さすが噂に聞く王城っす。

1_20080722020530.jpg

2_20080722020731.jpg

3_20080722020842.jpg


お城と聞くと、ルパンのカリオストロ城が思い浮かぶんだけどやっぱ似てた。 たぶんこれ少しモデルにしたんじゃないかな…


でも外見はどことなく似てても内装は全然別物。 殆ど撮影禁止なのであまり撮れなかったけど、こんな感じ↓          ↓            ↓           ↓             ↓

4_20080722020937.jpg

5_20080722021217.jpg


中は殆どキンキラキンでした。 ゴージャスすぎる!!


そんなとってもゴージャスな城の中から、のどかな風景をみるのもかなり味がありました。

6_20080722021313.jpg



遠くから見下ろした風景↓     ↓      ↓
7_20080722021402.jpg

8_20080722021505.jpg



最近、疲れ気味の毎日ですが行く価値は絶対にありました。


次は、オーストリアのザルツブルクだー!!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。