スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


インターラーケン

ドイツはフランクフルトだけ滞在しスイスへ出発!


まーまたスイス回ったらドイツのミュンヘン行ってオーストリアに抜けるから、ソーセージは後回し!


で、やってきたのがインターラーケン!!
1_20080718035619.jpg

2_20080718035632.jpg

スイスで一番行きたかった場所。 まさにスイスって感じのとこなんです。


ここでの最大のハイライトは雄大なベルナーアルプスを代表する3山
アイガー (3970m) メンヒ (4107m) ユングフラウ (4158m) 


登山列車を乗り継ぎながら、氷河のある展望台を目指します!


まずはインターラーケンオスト駅から登山列車に乗り、グリンデルワルトへ
16.jpg

3_20080718035649.jpg

4_20080718035711.jpg
どんどん家が小さくなってく




17.jpg
グリンデルワルトに到着! 

5_20080718035722.jpg
ここでクライネ・シャイデック行きの登山列車に乗り換え。


このあたりからアイガー北壁が見えてきた。 すごい絶壁!
6_20080718035749.jpg



クライネ・シャイデックに到着~♪
15.jpg

大パノラマでとうとう3山が見えたぞ~♪
7_20080718035801.jpg
左からアイガー、メンヒ、ユングフラウ。 ユングフラウは入りきれず…



8_20080718035842.jpg
最後の登山列車に乗り換えてユングフラウヨッホへGO!



9_20080718035906.jpg
万年雪と氷河のユングフラウ  スイスだな~



10_20080718035940.jpg
とうとうユングフラウヨッホに到着!!!



展望台からはアレッチ氷河やユングフラウの山頂が丸見え!! あたり一面、雪景色。 ちなみに気温は3度です。  下のインターラーケンは25度だったので夏から2時間で冬になった。

11_20080718040249.jpg

12_20080718040300.jpg

13_20080718040310.jpg

14_20080718040338.jpg



展望台からは外にも出れて、雪の中を散歩できました。 ユングフラウの雪ウマス! まさに天然のカキ氷。 シロップ持ってくればよかった(笑)



しばらく雪景色や氷河を探索した後、グリンデルワルトに戻って、今度はアルプスを眺めながらハイキングを楽しみました。




ハイキング編に続く…










スポンサーサイト

ハイキング

※ドイツ編から一気にブログアップしてるので、ここからじゃなくてドイツ編からみてね♪



さてさて、グリンデルワルトから今度は2時間のハイキングを楽しみました。


ハイキングコースは沢山あるんだけど、僕が選んだのはゴンドラでアイガー付近まで行ってそこから下るコース。 このコースは高山植物が咲き乱れてるって聞いたから決めたんだけど、予想以上に沢山の種類が咲き乱れ!!  

2_20080718045943.jpg

3_20080718045958.jpg

4_20080718050015.jpg

5_20080718050028.jpg

6_20080718050039.jpg

7_20080718050051.jpg

8_20080718050110.jpg

9_20080718050123.jpg

10_20080718050138.jpg

11_20080718050149.jpg

13_20080718050220.jpg

12_20080718050205.jpg

天気は快晴で、アルプスが雄大に見えて、花が咲き乱れてて、なんかもーここで旅終了してもいいくらいに最高の景色!  



14_20080718050232.jpg

スイスは素晴らしすぎるぞ!!!!!

マッターホルン  inツェルマット

インターラーケンでは快晴の天気で最高のアルプスを満喫できた。


この調子で次なる山を目指し、イタリアとの国境に近い村であるツェルマットのやってきた。


ここはガソリン車の乗り入れが禁止されていて、村には電気自動車しか走ってなく空気がとてもキレイ。 かなり環境保護に力を入れているようです。


ところでこの村は世界中のアルピニスト達が憧れるマッターホルンという山の麓に位置する村。


村には完璧な装備で山に向かうアルピニスト達がいっぱい!


僕はとりあえずスイスの2大山を見ながらハイキングするのが目的なんだけど、本気の男達を見ると登りたくなってくる。 だけども皆さん命がけで登ってるし、何しろこの山を登頂はレベルMAXらしいので素人には無理と言われました。


しかたなく、登山列車で展望台を目指しました。 

1_20080722003516.jpg

2_20080722003558.jpg


3030m位に位置する展望台から、モンテローザ山を眺めつつハイキングを開始し今回の目的だった逆さにマッターホルンが映る湖を目指しました。

4_20080722003649.jpg

3_20080722003730.jpg

5_20080722004015.jpg

でもあいにくの天気…   晴れているのだが雲が多く、常にマッターホルンの頂上は雲に隠れていて、半分しか湖に映ってない。

6_20080722004118.jpg


とりあえず意地悪な雲を眺めつつリンゴを食べたりバナナを食べたりしながら待ってみることに。


最近、果物とパンしか食べてないのですぐにお腹が減ります。


2時間以上待っても雲に隠れたままだったので、痺れを切らして麓を目指すことにしました。

7_20080722004208.jpg


歩いているうちに見えてくるだろうという期待を込めて…


だけど、なかなか見えてこないので維持になって村まで歩いて降りることにしました。


登山経験者だと分かると思うんだけど、登りよりも降りの方が実はツライ…


3000mから1000m地点にある村まで頑張りました。


でもおかげでやっと途中で雲がなくなりバッチリ拝めたぞ~♪

8_20080722004243.jpg


しかも本当は電車で帰るつもりでいたので、帰りの電車代3500円得しました。


足がプルプルしてかなりキツかったけど、スイスの2大アルプスを制覇だ~♪


ベルンにて再会。

ツェルマットでは2泊し、その後今度はスイスの首都であるベルンに移動。


ハイキングの疲れがまだまだ残ってるのでかなりシンドイ…


ベルンは首都であり町は世界遺産に登録されているので、結構観光客も多い。


でも僕がベルンに来たのは、以前ボリビアのウユニで髪を切ったアンディーに再会する為。


アンディーにメールで連絡を取ったら丁度、ベルンに着く頃はロックフェスがやっていて彼女はそのスタッフをやっているらしい。 フェスが終わるまでは家にも帰れないそう。


なので家に招待してあげれない代わりに、フェスを無料で入れてくれる約束をしてくれた。


超ラッキー!   


でもベルンに何日も滞在してる余裕がない為、フェスではケミカルブラザーズだけ見て、予約していたユースホテルで疲れを癒し一泊だけしました。 そのユースホステルで大変な目にあったんだけど、それは別の機会に書くことにします。


アンディーとはあまり話せなっかたのと写真も一緒に撮れなかったのが悔やまれるが、日本でいつか会うことを約束し、ドイツのミュンヘンに向けて出発しました。


ホント、フェスを無料にしてくれたのには感謝! 感謝!!


それにしてもスイスの物価がもう少し安ければもっと滞在できたのになぁ…


でもかなり満足のいくスイスの旅でした♪



3_20080722010500.jpg

2_20080722010408.jpg

1_20080722010316.jpg


写真はベルンの旧市街と、アインシュタインが住んでいた家。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。