スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ザルツブルク

ドイツからオーストリアのウィーンに行く前に、ザルツブルクで一泊することにしました。


ということで、早朝のザルツブルクに到着し予約しておいたユースホステルでチェックインを済ませた後、世界遺産の旧市街を歩きながら観光ってプランを練っていたのだが、物凄い大雨。


でもでも次の日にはウィーンに行く為、ここで見ておかないと後がない。 


強風と大雨が待ち受ける旧市街へ旅立ったのだが、たまに雨がピタリと止んで晴れたりする天気だったので雲の様子を伺いながらの観光だった。  買った折りたたみ傘は10分でボロボロになりご臨終でしたがなんとか雨に打たれずに観光することができました。


ザルツブルクは町の美しさとモーツアルトの家が有名らしく、いたるところにモーツアルトの看板があって町はモーツアルトだらけでした。 コスプレしてる人も沢山いたしね。

1_20080726224930.jpg

2_20080726225013.jpg


ベルンで見たアインシュタインの家もそうだけど、偉人達の家を見てもとくに感動はないのは僕だけだろうか?  だって普通なんですもの。   と言いつつ、またプラハではカフカの家を見に行ってそうだが…


旧市街の町を歩いてて一番目を惹くのがお店の看板。  店の上には必ず看板があるのだが、それを見てるだけで楽しくなってしまった。

3_20080726225041.jpg

店の中よりも看板に力を使いすぎてるのもあったけど、それくらいこの町では重要なことなんだな。


ちなみに、もちろん有名ブランドの店やファーストフードのチェーン店の看板もあった。

4_20080726225140.jpg

5_20080726225222.jpg

ほとんど面白そうな看板を探すのに時間を使っってしまったけど、そんな観光のほうが面白味があっていいね!


最後にこんなん見つけたしね (笑)


7_20080726225322.jpg
最初、横から見たときは抱き合ってキスしてる銅像だと思ったんだけど、


正面からみると…



実は…






8_20080726225350.jpg

裸で楽器弾いてる!!!  しかも右の女の子、すごく悲しい感じだし。 せめてトランペットとかにしてあげようよ!


これ見つけて一人でニヤニヤしながら写真とってたら、通りがかりの人たちに物凄く変な目で見られたのだった。


さっ! ウィーン目指そ!









スポンサーサイト

フンデルトヴァッサー

1

駆け足のヨーロッパの旅もようやく中間地点のウィーンまでやってきました。


ウィーンは日本出る前から絶対行くと固く決めてたところなんだけど、それはオペラや音楽でもなく町並みを見たかったわけでもなく、とある人が残した建築物を見る為!


ところで皆さん、フンデルトヴァッサーという人をご存知でしょうか?


画家でもあり建築デザイナーでもあり環境保護運動家でもあったオーストリアの偉大な画家なんですが、この人の残した建築物がウィーンに3つあるのです。


写真を見てもらえば一発で分かると思うんだけど、普通じゃない!


もーなんというか、そこだけ現実の世界じゃないと感じてしまうほどの建物を建ててしまってるんです!



例えばこれ↓

3_20080727060324.jpg

実はゴミ処理場なんです。  


4_20080727060336.jpg

5_20080727060347.jpg

6_20080727060359.jpg

こんなん普通じゃありえないでしょ?

でもちゃんとゴミ収集車も頻繁に出入りしているんです。


その後行ったのはフンデルトヴァッサーハウス。 住宅地をヴァッサーのデザインによって作り変えたマンション。

ここもスゴイ!

8_20080727060425.jpg

7_20080727060411.jpg

9_20080727060437.jpg

1階部分はカフェになってるんだけど、こんなデザインのところでもし美容室やったらどうなるだろう?

僕は、すごくいい仕事ができると思う!  やってみたい!!



最後に行ったのはヴァッサーの描いた絵が展示してある美術館。


もともとは家具の工場だったらしいんだけど、ヴァッサーのデザインにより美術館になった建物。

10_20080727060454.jpg

11_20080727060507.jpg

12_20080727060520.jpg

う~ん。 これ見ちゃうといくらウィーンに町並みが素敵でも普通に見えてしまう…

結局、滞在3日間で毎日見に行ってしまった。


実は、こんな感じのデザインでスパを併設したホテルがウィーンとザルツブルクの間の町にあるのだが、今回の旅ではお預けってことにしときました。


いつかの楽しみに取っておこうかなと…


でもこの情報を教えてくれた友人は以前のヨーロッパの旅で泊まったらしい。 


羨ましすぎるぜ! チクショー!!


ちなみにヴァッサーデザインした建物が日本の大阪にも2つあります。 そこもかなり評価の高い場所なので興味がある人は是非足を運んでみてください!


僕は日本帰ったら絶対行きます!!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。