スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コーヒーが美味いエチオピア!

11月5日 コーヒーが美味しいエチオピア!!!


夜中の4時前にエチオピアのアディスアババ空港に着いた! 


まだ夜が明けてないので空港で朝まで寝た後に移動することにした。

IMG_7619.jpg


空港は、アフリカの貧しい国とされるとこにしてはとてもキレイだった。


エチオピアにようやく入国したけど、まだまだアフリカの旅が始まったばかり。 でもすでに心身共に疲れてる。 


これから大丈夫かなー


実はエチオピアの旅はとても過酷で有名なんだけど、その理由として…


まず飯がマズイ!! 特にインジェラっていうエチオピア人の主食に当たるものは、見た目はクレープみたいな生地なんだけど、色が雑巾みたいで味もスッパイくてホントにマズイ!!


そして宿はダニや南京虫がいないところを探すのが難しい。 噛まれたくねー!!
んでもってマラリア分布地区なので、常に蚊に怯えなくてはならない。


それから移動が最悪!! まず長距離バスの発車時間は、すべて場所問わず午前5時。 しかもバスの席は決まっておらず、5時にバスターミナルの門が開門すると同時にシート争奪戦が始まります。


これがもう大変! みんな本気で走るし、髪は引っ張られるし押されるしで、最終的にはもう喧嘩。


んでもって、それほど頑張って取ったシートにもダニがいます。


シート争奪戦だけならいいのだが、道が全然舗装されていないのでオケツは常に跳ねまくり! もう
舞空術してる感じ。


そして、エチオピアとケニアのナイロビまで陸路の国境越え移動がが世界で最もキツイとされる移動なんです。


そんなにツライ旅がこれから始まるとなると憂鬱だけど、今回は仲間がいるからきっと大丈夫!!



町の中心まで移動して、先に到着した2人が宿泊してるはずの宿に向かい、無事に合流しました!


イエメニア航空のせいで予定がくるってしまったので、明日の朝にはもう移動しなければいけない。


でも首都だけど、コーヒーくらいしか満足できるものがなかったので良しとしよう。

IMG_7621.jpg
コーヒー屋  もちろん黒人ばっかり!

IMG_6245.jpg
コーヒーマキャット 

IMG_7628.jpg

アフリカの子供達もイイ子達ばかりでテンション高すぎ!!

IMG_6188.jpg

IMG_6198.jpg




それにしても当たり前のことだけど、人々はみんなブラックです。 ん~アフリカだー!!!


スポンサーサイト

ジンカまでのツライ道のり。

11月6日


エチオピアの首都アディスアババからジンカという村まで2日間かけて移動しました。

DSC_7179.jpg
移動途中のバスの車窓から見た、族の家。

IMG_7668.jpg
エチオピアなのに道端に卓球台! しかも上手い!! 変なの(笑)



最初は淡々と移動してたのに、途中から早くもエチオピアの痛い洗礼が始まってきました。


ジンカ村はエチオピアのハイライトというべき所で、土曜日には沢山の民族が村のマーケットに訪れます。


この民族がかなり特徴的で一番有名なのがムルシ族! 


その族の女性は下唇を切って徐々に広げていき、そこに木や土器で作った皿をはめているらしく、なんとも凄そうな族なんです。 そんな族や他にも色々な種類の族達がそこのマーケットで見れるわけ
です。

ちなみに今回のアフリカの旅ではエチオピアでアフリカ民族。ケニアでサファリ。ウガンダでナイル川の源流ラフティングなどが大きな目的です。


ということで、朝の5時前にバスターミナルに行き、なんとか席を確保しました! このバスターミナルでは外国人ということでシート争奪戦が始まる前にバスに乗せてくれました。 ラッキー♪

IMG_7646.jpg

IMG_8470.jpg

でもそんなラッキーなど余裕で忘れるくらい大変なことがいくつも襲ってきました。


この時期は雨季はすでに終わってるはずだったのに、雨がまだまだ降っていて道が最悪の状態になってたわけです。


移動初日は、ジンカまでの中間地点である、アルバミンチまでの移動だったのだが、道に川ができてしまって予定よりも2時間遅れてしまった。 

IMG_7694.jpg
人の後ろに流れてるが泥水の川。 本当は道がある

IMG_6422.jpg
川でバスが立ち往生してたら村人が集まってきた!

IMG_8485.jpg

DSC_7232.jpg



本当だったらアルバミンチに着くことすら難しかったのが、僕達が乗っていたバスの運転手が躊躇してた他のバスを掻き分けて、勇敢に川に突入し、そして無事に川を越えてくれたので2時間遅れで着くことができたのです。

IMG_7752.jpg
村人とに見守られながら川を渡る。



でも次の日の運転手とバスがヘッポコすぎた!!

ホントにホントにヘッポコ!!
IMG_2635.jpg


川がある度に停まって雨が弱まるまで待つ、そして最終的にはビビって渡るのを諦めてしまい、途中からトラックの荷台に乗って移動するハメになってしまった。 しかもバスに積んでいた荷物はカバーシートが適当すぎてびしょ濡れになってしまってる!!  パソコンが動いてくれたので助かったが、危ないとこだった。 



そして今回の移動で一番ツラかったのがこのトラック移動!

IMG_2798.jpg


トラックの荷台には人と荷物で密度200%!!


しかもこれまで以上に道はガタガタ!!


途中、雨が降ったり、川にハマったり、急に寒くなったり、晴れたと思ったら日差しが強すぎて干からびそうになったりでした。

IMG_2856.jpg
最初は元気だった。

DSC_0761.jpg
でも途中からこんな感じ。

IMG_2907.jpg


IMG_7764.jpg


途中の快調に走ってると思ってたら、下り坂でフロントタイヤがパンクして、あわや大惨事!!!  ホントに危なかった!!!

IMG_2878.jpg

IMG_7771.jpg


そして荷台に乗ってからジンカに着くまで結局8時間かかってしまう始末!!  着いたら村は真っ暗だし、体はもうヘトヘト。 なのになかなか宿が決まんなくてツラかったー。


さすが噂に聞いてただけあるけど、噂以上の移動になってしまった。

IMG_7754.jpg
途中で食べた昼飯。 これが噂のインジェラ!! ゲボマズ!! なぜスッパイ? なぜこんな色?



あと個人的にショックだったのが、移動のバスの中での事。


前に座ってたエチオピア人達が俺の方を見ながら何やら盛り上がってたのだが、言葉が分からないので理由がよく分からなかったのだが、英語が出来るエチオピア人が教えてくれた。


どうやら俺が男なのか女なのかを6人で賭けて勝負してたらしい。 まー女に見られるのはこの旅でもう慣れっこなのだが、さすがに6人中5人に女の方に賭けられると悲しい。


のど仏を見せて男である事を証明したのだが、みんな納得行かない様子。 いやいや納得しろよ!!


一人勝ちしたオッサンはかなり儲けてた。 賭け金は一人10ブル。日本でいうと1000円以上の価値がエチオピアではあり、オッサンは男に賭けただけで1ヵ月分以上の給料に相当する額を儲けたわけだ。  


ん~ 俺としては複雑な気持ちであり、そして悲しい…

IMG_6546.jpg


こんな思いをしてジンカまでやっとついたのだが、ここで族のマーケットを見て何日か滞在したら、ケニアとの国境まで移動する予定なんだけど、来た道をもう一度戻らなければいけないのでかなり憂鬱です。 行きはツライなりに楽しめたのだが、2回目も楽しめるほど僕はMじゃないっす。


あー飛行機でケニアのナイロビまで飛んでいきてぇ~!!!


族マーケット!!

11月8日

あ゛~ あ゛~   ノドが痛い。これ以上ないくらいハスキーボイスです。 そして咳が止まりません。どうやら昨日までの移動で体調が崩れた模様。  頭も痛いし最悪。 風邪かな…


でもここで鞭を打ってでも土曜マーケットに行かなければ、族たちに会えないしツライ移動をした意味が無くなるので頑張って族たちに会ってきました!!

IMG_7851.jpg

IMG_7849.jpg

場所はジンカ村の中心の広場。 ジンカ自体の雰囲気はアフリカっぽい田舎の農村な感じでゆったりとしています。 ココまでの移動がとてもツラかったせいか、とても落ち着きます。


そんな村の中心で族たちや村の人々が大勢マーケットに来ていました。

IMG_8600.jpg

IMG_8603.jpg

IMG_7807.jpg


なんていうか、 もう族だらけです!!


バンナ族やニャンガタム族、あとマリ族などがいて、たぶん村の人であろう人達も普通に族っぽくてみんな活気に満ち溢れてる!!

IMG_7834.jpg

IMG_8604.jpg

IMG_7833.jpg

そしてそんな中、ムルシ族を遠くの方に発見!!


ムルシ族も俺達を見つけたらしく、慌てて皿を口に嵌めてた。(笑) 

IMG_3104.jpg


どうやら普段は痛いのであまり嵌めていないらしく、写真を撮らせる為に慌てて嵌めたみたい。


そう! だいたいどの族を撮るにもお金が掛かっちゃうんです。 それも1ショット撮るごとに払わなければならない。


なので気付かれないように連射モードで撮影しました。 ムルシさんゴメンなさい。。

DSC_7312.jpg

DSC_7311.jpg

DSC_7310.jpg

近くで見るとホントに凄い!! でっかい皿が下唇のところに嵌ってる!!

IMG_7779.jpg

IMG_7776.jpg


皿が大きいほど、旦那が金持ちらしい。 金持ちって言ってもたぶん牛を持ってる数が多いとかだと思うけど。


皿を嵌める理由もちゃんとある。 昔、奴隷にされないようにワザと顔を醜くするためにやりだしたらしい。 それがどこまで本当かは分からないけど、やはり奴隷狩りが盛んに行われていた時代の過酷さを彼らから知ることができました。


他の族たちも特徴的で見ていて全然飽きさせてくれないんだけど、やはり写真を撮るにはお金が掛かるのであまり撮ることが出来ませんでした。 みんなイイ人達なんだけど、写真嫌いなんだよねー

DSC_7385.jpg

IMG_3227.jpg



体調が昨日までの移動のせいで崩れてしまったけど、目的の族たちが無事に見れたので良しとするか! いや~よかったよかった♪


エチオピアンスナップ集! @ジンカ

16.jpg
にわとり売りに行ってくる!

15.jpg
そこらへんにあった布巻いてみた。

14.jpg
写真きらい!

13.jpg
ママに編みこんでもらった!

12.jpg
おかあさんナイス!!

11.jpg
ん~♪ オシャレ!

10.jpg
マーケットにて。

9.jpg
いまヤギ遊牧中!

8.jpg
仲良し!

7.jpg
おかあさんナイス!!

1.jpg
きっとキューピーちゃん♪

6.jpg
オッス!!

5.jpg
歯、 白!!

4.jpg
顔、 小さ!!

3.jpg
手、 白!!

2.jpg
歯、 抜!!

0.jpg
足、 長!!

ジンカで療養。 …そしてナイロビへ

2日経っても体調が全然良くならず、夜になると謎の咳が出てなかなか寝れない。 


マラリアでは無いと思うんだけど、謎の咳と謎の痛みの無い下痢には悩まされます。


たぶん咳はこれまでの中東の乾燥した気候から一気に湿度の高い気候に変わったのが原因かなーっと思うんだけど、やっぱり謎は謎。  喘息とか無いはずなんだけどなー


仲間の何人かも体調を崩してしまったので、ここで療養することにしました。


マーケットが終わった村は雰囲気がとてもゆったりしてて、すごく落ち着く。


そんな訳で結局、全部で5日間滞在してしまいました。


お陰で体調も回復し、ケニアのナイロビまで一気に移動しました。 


一気に移動すると言ってもジンカからナイロビまでの移動は世界でも最も過酷と噂されるほどの陸路移動。


早朝5時のジンカのバス乗り場でシート争奪戦をし、なんとかシートを確保できたもののケニアとの国境までは長い道のり。 もちろん道はガタガタのバスの密度は200パーセント!

DSC_0601.jpg
途中の村で出会ったカワイイ子供。 元気をわけてもらった!!

IMG_7974.jpg
俺のサングラスがお気に入り♪

IMG_7983.jpg
外すと悲しい顔をする(笑)




ジンカを出発して15時間でやっと国境に着いた。


ここで一泊し、朝一番でケニアに入国! ここからも大変だった。

IMG_8616.jpg
トイレはこんな感じ



基本的に国境からナイロビまではバスかローリー(荷物運搬用の大型トラック)の荷台での移動しかない。


どちらもかなり過酷! バスは超ガタガタ道を時速80㌔で24時間永遠と走り続けるし、ローリーは荷台の上なんで言うまでも無く地獄。


だけど俺達はラッキーだったのか、そのどちらでもなくランクルで行けることになった。


ランクルだったら人数も限られるし、舗装されてない道でもバスよりはマシなはず!


みんなでラッキーだねぇ~ なんて言いながらランクルに乗り込みナイロビを目指した。


でもラッキーなんて思ったのは最初だけ…


この車はキーを回しただけではエンジンが掛からないので皆で車を押しながら掛けなきゃならないし、スピードは30㌔しか出ない。  しかも乗るのは俺達だけかと思いきや地元の奴らも乗り込み結局12人で狭い車内に乗るハメになった。


さすが世界最強の陸路移動!そう簡単にはいかず、やっぱり地獄でした。

IMG_8034.jpg
みんなご臨終…

DSC_0626.jpg
ナイロビまではまだまだ遠い…


でもこれ以上それを話すとホントに長くなるし、思い出すだけでもツラくなるので書くの止めときます。


とりあえずホントに地獄だった。 車は数え切れないほど押したし、結局ナイロビ着くまで3日間も掛かってしまった。

IMG_8629.jpg



仲間と一緒じゃなかったらナイロビまで着くのはきっと無理だっただろう。


ホント、みんなに感謝!!!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。