スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


沈没船ダイビングツアー (内部)

1本目の沈没船外周をダイビングするコースはとてもエキサイティングでした!


2本目は沈没船の内部に潜入するコース。


1時間ほど休憩した後、いざ沈船内部へ!!!


今回の沈船ツアーは全部ボートから機材を背負ってドボンっとエントリーする感じ。


それって普通っぽいけど、いままで潜ってたダハブのポイントはビーチから機材を背負って歩いてエントリーしてたので今回が初めてでした。


最初はドキドキしたけど、これがまたボートからドボンっとエントリーする感じがダイバーっぽくてなんかカッコイイ!!


船酔いしなければボートダイブ最高!!!


ところで沈没船まで繋いであるロープをしっかり持ちながら潜行するんだけど、このロープから手を放してしまうとかなり危ない!!流れが強い為、一瞬で流されてしまう。  まさに命綱っす!!!


13_20080929225053.jpg

15_20080929225155.jpg

沈船に内部に入る時は一応ライトを使うんだけど、所々から光が差し込んでいて幻想的♪
船内にも魚が沢山いて、ここはもう完全に魚の住処になってました。


16_20080929225224.jpg


17_20080929225246.jpg

船内にはガラクタだらけかと思ったら、戦車やバイク、ジープなんかもあった!! 写真にはあんま写ってないけどね…

18.jpg

20_20080929225348.jpg

21_20080929225411.jpg
でっかいタイヤ!!

22_20080929225438.jpg

23_20080929225514.jpg
魚雷なんて危ないのもありました!!  爆発しないよね!?


25_20080929225549.jpg

26_20080929225611.jpg

14_20080929225129.jpg


きっと海にはもっとスゴイものが沈んでるんだろうなー。 

海には不思議な魅力が沢山ありますね~♪





スポンサーサイト

沈没船ダイビングツアー (外周) 

沈没船。 今回、ダイビングのライセンスを取るきっかけになったのがこの沈没船なのです!!


旅の途中、エジプトのダハブで戦艦の沈没船がダイビングで見れると聞き、その時から絶対取ろうと心に決めてました!!!


そしてラマダン中にもめげずにライセンス取ったんだけど、なかなか海のコンディションがバッチリにならず何度か延期にもなったり…


でもでもやっとこ行けたー!!!


ではまず、沈没船の歴史から。   


沈んでるのは第2次世界大戦中にドイツ軍によって撃沈されたイギリス軍艦!


全長126m。 戦車やジープ、バイク、大砲なども一緒に沈んじゃってます。


ちなみにツアー内容は、前日の夜にクルーザーで1泊し寝てる間にポイントまで移動。


次の日の朝、一本目のダイビング! まず一本目は沈没船の外周。

2_20080929224407.jpg

3_20080929224439.jpg

4_20080929224506.jpg

6_20080929224540.jpg
大砲!迫力満点!!

24_20080929224626.jpg
これも大砲! まだ砲弾が出そう。 怖い!

5_20080929224653.jpg

7_20080929224731.jpg
プロペラでか過ぎる!!!

8_20080929224806.jpg
階段もまだまだ使えそう(笑)


9_20080929224850.jpg

10_20080929224921.jpg


軍艦はデカ過ぎて圧倒されたけど、一本目は起きてすぐだったから結構大変でした。


しかも沈没船ダイビングは難易度が高く、流れがとても強いところなので上級者レベルなんです!


でも結構余裕もって潜れたっす!!  きっと沈船ツアー行く前に何回か修行した成果が出たのかな(笑)

 

海の中は異世界。

昨日、ダハブのアイランドというダイビングポイントに潜りました!


アイランドといっても島ではなく、もちろん海の中です。


透明度バッチリ!! そしてここは百年モノのサンゴが沢山あって、まるでナウシカの世界の腐海が海の中にあるような感じ

1_20080914223144.jpg

4_20080914223342.jpg

10_20080914223555.jpg


そして水がキレイすぎてなんだか空を飛んでるようでした


まだまだ甘ちゃんだけど、これからも色々なところで潜ってみたい!!


旅していろいろな風景を見てきたけど、海の中の世界はまだまだ不思議なことがありすぎる!!

9_20080914223532.jpg

7_20080914223450.jpg

5_20080914223403.jpg

2_20080914223227.jpg


陸上とは違って海の中は人間が住める世界ではなく、ここは海の生物の世界。 そんな世界にお邪魔させてもらって幸せでした♪


ダハブにいる間、また何度かお邪魔させてもらいたいと思います

8_20080914223512.jpg

6_20080914223433.jpg
トランクス一丁で潜ってた元気なオッサン(笑)
3_20080914223256.jpg


ダハブ

ペトラ遺跡を見た次の日にエジプトに向けてフェリーでヨルダンを出航しました。


このフェリーでの移動はとても大変で有名だったんだけど、まさにその通り!


出発は遅れるわ、エジプトに着いて船を下りるまでに3時間位待たされるわ、エジプトの港は暗すぎてどこでビザが貰えるかサッパリ分からず迷いまくるし、とにかくとても大変で疲れました。


港から目的地のダハブまでは距離がかなりある為バスで移動しようとしたんだけど、その日は港に着いたのが夜9時過ぎだったのでバスはもう無く、翌朝の8時にバスが出ると言われたので近くの浜辺で野宿しました。


次の日の朝、バスターミナルに行ってみるとなぜか閉まってる! 近くの人に確認してみたら、今日からラマダンだから夕方からしか出発しないとのこと。


昨日、朝8時に出るって言ってたのに!! さすがエジプト。


結局、その辺に寝てるタクシーの運転手を叩き起こしてダハブまで行ってもらいました。


とにかく予定通り、ハンガリーのブダペストから高速移動でエジプトのダハブまで移動できたー!


でもでもすっげー疲れた。


ラマダン中ではあるけど、ダハブは欧米人やダイビングをする人達でいつも賑わっているので昼間でも気にしないで飲み食いできるのがありがたい。




そんなダハブにて昨日、ダイビングのライセンスをゲットしました!!

1_20080912193838.jpg

IMG_4514.jpg
ダイビング講習中


18mまで潜れるオープンウォーターから始まり、30mまで潜れるアドバンスまでの合計5日間の講習でした。  日本だと10万近くはするアドバンスのライセンスが、ここダハブでは紅海というとんでもなくキレイな海で400ドルで取れてしまうんです。


海にポッカリ穴があいたブルーホールやら、海底に亀裂の入ったキャニオン、白いウツボが沢山いるイールガーデンなどなど。 潜るポイントをあげたらキリが無いくらいダイビング天国!!

6_20080912194119.jpg

7_20080912194159.jpg

8_20080912194819.jpg
ブルーホール





デジカメ用の水中ケースが届いたら海の中の素敵な世界をお届けしたいと思います♪


2_20080912193902.jpg

3_20080912193921.jpg

4_20080912194026.jpg

5_20080912194046.jpg





ペトラ、遺跡ありすぎ! 広すぎ! 

遺跡の入り口からエル・ハズネまですでに40分くらい歩いてる。

1_20080905010026.jpg

3_20080905010204.jpg

4_20080905010242.jpg


でもでもマップを見るとまだ入り口付近。  どんだけデカイのよ!?


朝7時に出てから朝飯も食べてなかったけど、遺跡の中で食事すると1500円以上する。  高すぎる!


日本の金閣寺でももっと安いぞ!!  バカヤロー!!


ここは我慢して、一番奥の遺跡を目指しました。


もはや歩くと言うよりはトレッキングです。  しかも灼熱!!


歩いてると「タクシー?タクシー?」  って言ってくるやからが沢山いるけど、どう見てもロバ。

2_20080905010130.jpg


ロバがタクシーかよ! 遠慮しときます!!


最初の有名なエル・ハズネの他にも岩壁を削って彫り抜いた遺跡が沢山ありました。


6_20080905010407.jpg

7_20080905010448.jpg

8_20080905010526.jpg

中でも一番奥にあるエド・ディルは物凄かった!!  奥までは岩の山道を2キロほど登んないと行けないので、とてもハードだった。  絶対見たほうがいいけどね♪

9_20080905010609.jpg

10_20080905010645.jpg

11_20080905010724.jpg

12_20080905010812.jpg

13_20080905010855.jpg

14_20080905010937.jpg

15_20080905011036.jpg

遺跡で会った女の子に色々案内してもらって、かなり面白かった!  しかもちゃんと最初から男だと思ってくれたのが何より嬉しい。


南米も間違えられたけど、アラブ圏はもっとヒドイ! アラブ圏にきて80パーセント、女に間違えられるからね…


これでヨルダンに思い残すことはありません。  


明日はエジプトに向けて紅海を渡るぞ~!!!

続きを読む>>

インディ・ジョーンズの最高傑作は、やっぱり「最後の聖戦」。

アンマン到着~!  やっと死海とペトラがあるヨルダンまで来た!


ダマスカスからのバスで、僕のことをずっと女だと思ってたアラブ人がとても親切に国境の手続きとかアンマンのホテルまでの道案内や夕食までご馳走してくれました。  得したような悲しいような…


アンマンから死海にはヒッチハイクで行きました!  


死海、面白いほど浮きます!  ちょっとした傷口でもすっごい激痛になります。 塩分ヤバス!


残念なことに、デジカメにSDカード入れるの忘れたままで写真一枚もとれなかった。 近くにいた欧米人に撮ってもらいメールで送ってくれと頼んだのですが、いまだ音沙汰無し。


まーしゃーないね~。


死海に行った次の日に乗り合いバスでペトラ遺跡があるワディ・ムーサへ!


乗り合いバスで海外青年協力隊で活動する女性二人に出会いました。 彼女達はワディ・ムーサで活動してるようで、バスでが到着したあと早速、髪をカットしました!  


イスラム圏でも女性の髪は男性が切ることもあるようです。  もちろんお店の中は見えないようになってるらしいけど驚きです!


3人をカットした後、アンマンで友達になった旅行者にペトラの2日券を買ってもらっていたので、その残りの1日分を頂きました。


実はペトラは入場料が4000円位してかなり高い! でも1日券と2日券は値段がほとんど変わらないので、アンマンで会った時に僕より前日にペトラに行くようだったので2日券を買ってもらってたんです。  ラッキーラッキー♪


その日は、宿に一泊し次の日の朝からペトラへ!!!


ここに行きたいがために陸路でトルコからエジプトを目指したようなもの!  


幼いころにインディ・ジョーンズ「最後の聖戦」でペトラ遺跡を見た時から憧れてた。


シークと呼ばれる大きな岩盤の隙間を15分ほど歩く。

1_20080902171210.jpg

2_20080902171304.jpg



またこのシークが凄すぎる!  遺跡に行くためには絶対にこの道を通らないといけないので、きっと昔は難攻不落だったのだろう。  それにしても岩の崖が100mくらいある壁に挟まれた狭い道を歩くだけで楽しくなってきます!

3_20080902171418.jpg

5_20080902171553.jpg


そしてそしてシークの先には、あの遺跡がー!!!


まさにインディ・ジョーンズで見た通り!  岩の裂け目の奥に悠然とそびえるエル・ハズネ。

4_20080902171452.jpg

6_20080902171659.jpg


物凄いです!!


遺跡の中は、映画とは違って蜘蛛の巣も無ければ巨大なノコギリの出てこないし、透明の橋もありません。  う~ん残念!

7_20080902172245.jpg

8_20080902172405.jpg

10_20080902172709.jpg

9_20080902172509.jpg

14_20080902173029.jpg

11_20080902172755.jpg

13_20080902172931.jpg

12_20080902172838.jpg

よーし!! やっとペトラが見れたぞ~♪

オールドタウン

無事にチェックインした後、宿で出会った日本人の兄さんと旧市街を探検しに行くことに。


ダマスカスにはきっとこれしか見所がないけど、これが結構面白い。

9_20080902162116.jpg

2_20080902161724.jpg

1_20080902161641.jpg


さすが、有名な旧市街っす! 


でも気になるのは、シリアに人々がみんな「アチョー!」とか「ジャッキー・チェーン」とか言ってくる。


うざい。 かなりうざい。 日本人だと言ってもジャッキーとかブルース・リーとか言ってくる。


きっとカンフー映画は日本のものでジャッキーとかも日本人だと思ってるのだろう。 


いちいち相手してるのも疲れるので無視してたけど、もっと分けわからんこと言われたのでちゃんと訂正しました。


「俺はマイケル・ジャクソンではない!」


中国人俳優を言ってくるのは、同じアジア人だからわかるけど、マイケルは無いでしょー


シリアの若者はバカが多いなー(笑)


なんとなく旧市街は南米を思い出す所でした。



4_20080902161848.jpg

5_20080902161924.jpg

8_20080902162053.jpg

6_20080902162002.jpg


僕はやっぱり路地裏が好きです。  路地裏では子供が元気に遊んでるから見てるだけで面白い。


もう一泊してヨルダン行こっと♪

ダマスカスの宿までの道のり、なかなか険しい…

カッパドキアを一泊2日で十分堪能し、シリアに入国しました。


完全にアラブ圏です。 シリアの人たちは、みんな親切にしてくれるけど、旅は南米以上にやりにくい。


アレッポ石鹸で有名なアレッポにチョビットだけ滞在し、すぐさま首都のダマスカスに移動。


いったいこの数日で何キロ動いてるのだろなー


そして、ダマスカス到着。 さーてホテルはどこにあるのやら…  


とにかく町の中心までバスで移動することにしたんだけど、さっぱりわかりません。


なにしろガイドブックを何も持ってなかったし、英語もあんまり通じない。


困った。 とっても困った。 


ダマスカスで一番有名なものと言えば旧市街のスークだってことは知ってたので、そこにたぶん行くであろうバスに乗り込み、無事に着くようにお祈り。


そして、見事到着。  でももう夜。  ホテルがどこにあるのかも分からんし、僕以外のツーリストは全然みかけない。  やみくもに動き回って宿を探すより、旧市街のスークの前で待ってたら一人くらいはツーリストが現れるはず!

3_20080902161753.jpg


ということで、待つこと約30分。  欧米人発見! さっそくどこら辺に泊まってって、お勧めの宿はどこか教えてもらい、無事にチェックイン!


ダマスカスは安宿が少ないのか、どこもいっぱい。 無事にチェックインできてよかったー!


この半年の旅でスキルがかなりアップしたことを実感しました。  でもやっぱりアラブ圏はガイドブックがあった方が良い!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。