スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イエメニア スナップ集! @シバーム、コーカバン

シバームとコーカバンという崖の下と上にある姉妹村に行ってきました。


崖の下にあるシバーム村は商業を担当し、上にあるコーカバン村は軍事を担当してお互いに助け合いながら何百年も生活してきたユニークな村なんだけど、村全体の風景よりもそこに暮らす村人達に魅了されました!


文字で伝えるよりも写真の方が分かりやすいと思うので画像アップしまーす!!!

シバーム
シバーム

コーカバン
コーカバン

1_20081029230920.jpg

2_20081029231756.jpg

3_20081029231822.jpg

4_20081029231937.jpg

5_20081029232109.jpg

6_20081029232125.jpg

7_20081029232145.jpg

8_20081029232303.jpg

9_20081029232321.jpg

11_20081029232500.jpg

12_20081029232512.jpg

13_20081029232532.jpg

14_20081029232548.jpg

15_20081030001053.jpg

16_20081030001112.jpg

17_20081030001124.jpg

18_20081030001136.jpg

ore.jpg

oretati_20081030001239.jpg

oreore.jpg


イエメンの子供は純粋で目がキラキラしててとてもカワイイ! カメラがあるだけで友達になれる!
それから子供以上に目が行ってしまうのが老人!!  雰囲気があってすっごくカッコイイ!!


老人でもシルバーのゴツイ指輪してたりジャンビーアさしてたりですっごくオシャレなんだよねー!
それに若者よりも老人が頑張ってバリバリ働いてるし!


イエメンはまだまだ老人が引っ張って行ってる感じなんだ! そういう国って魅力的だなー!!


日本も高齢化がどんどん進んでるけど、イエメンには沢山見習えるところがある気がする…


俺もガンバルぞ~!!!



スポンサーサイト

大盛り上がりの結婚式!

夜になって約束してた結婚式に行ってきたー!!


そこまで行く途中、沢山のイエメン人に「タマーム!タマーム!(GOOD!)」と言ってみんな喜んでくれました。


確かに日本で外人がお祭りとかで浴衣を着てたらやっぱ嬉しいもんなー


ところでラマダン明けの10月はイエメンでは結婚式シーズンで毎日いろんなところでお祭り騒ぎになってます。


結婚式は男性と女性の別々で行われ、男性達は外でみんなでダンスしたり、歌を歌ったりとほんとお祭り状態で2日間ぐらい騒ぎっぱなしなんだけど、女性達はそんな男性達が騒いでる様を家の窓や屋上から、羨ましそ~に眺めてるだけの細々とした感じ。 もしかしたら部屋の中で騒いでるかもしれないけどね(笑)

2_20081029230240.jpg


とりあえず最初に新郎を祝福しに行ったら大歓迎されて、写真撮影大会が始まった! 新郎なかなかのナイスガイ! まわりの子供達も正装していてとてもカワイイ♪

4_20081029230336.jpg

5_20081029230402.jpg

6_20081029230425.jpg


みんなで写真撮ったあとは、ダンスしている所に連れていかれ強制参加! みんなで輪になって音楽に合わせながらスッテプを踏むんだけど、やっぱいきなりは難しいよ!!

1_20081029230219.jpg

3_20081029230308.jpg


でもイエメン人の格好したデカイ日本人にみんな優しく教えてくれた。 しかも俺が教える!俺が教える!みたいな感じで騒ぎまくってた。  



こんなに町の人たちに祝福されながらの結婚式って素敵だなー☆☆


ますますイエメンが好きになりました♪


サナア散歩

10月25日

この日は、旧市街をプラプラしながら子供達の写真を撮ったり、ショッピングをしたりでした。

2_20081029224353.jpg

1_20081029223615.jpg

3_20081029224420.jpg

4_20081029224449.jpg

4_20081029224519.jpg

5_20081029224559.jpg


旅しながら子供達の写真撮ったりすると、たまにお金を要求されたりすることが多いんだけどイエメンの子供達にはそれが全くなくて、みんな撮ってもらっただけで嬉しくてしょうがないみたい。


でもこれから観光地化がどんどん進んでいったら、エジプトみたくなっちゃうのかなぁ。


また来た時の為にそうならないことを祈りたい!


プラプラしてるうちに良さげなお店を発見したので入ってみることにしました。


ジャンビーアや巻きスカートなど他のお店よりもカッコイイのもばかりおいてあったので、いろいろ試着させてもらいました。


というか、むしろ店員達が面白がってあれもこれもって感じで着せてくれた感じだった。


無理してかうつもりはなかったんだけど、店員の一人が「今日の夜、友達の結婚式があるから是非来てくれ! みんなでジャンビーアダンスしようぜ!」


なんて言ってくるし、イエメン人の格好にも憧れてたので買うことにしちゃいました(笑)


巻きスカートは、ずっと探してたジャンビーアとイエメン建築の刺繍模様!

i_20081029224624.jpg


そしてガラベーアはオマーン製の高級品!

o_20081029224702.jpg


そんでもってジャンビーアはイエメン人にもっとも人気のあるデザイン! なかなか銀色がないんだよねー


この三つ合わせて約5千円。 安い!!


店員達に夜にある結婚式の場所を教えてもらい、みんなで行くことにしました。


もちろんイエメン人の格好してね(笑)  夜が楽しみだー!!


ロックパレスとジャンビーアダンス

10月24日

1_20081026193229.jpg


この日はサナアから1時間くらいの近郊にあるワディ・ダハール村に行きました。


このワディ・ダハールにはサナア近郊で一番の見どころのロック・パレスというのがあります!

0_20081026193138.jpg

10_20081026193839.jpg

6_20081026193554.jpg

小さな丘の岩の上に5階建ての家が建っちゃってる!  なんかカワイイ♪


んでもって、この日は金曜日でアラブ圏では休日の日なので家族で来てる人たちや結婚式をしてる人達が多かったので、みんなの写真を撮ってあげました。

2_20081026193320.jpg

3_20081026193359.jpg

5_20081026193517.jpg

4_20081026193437.jpg

もー大人も子供もみんな大喜び!!  


そしてそのお礼にと言わんばかりに、ジャンビーアダンスという伝統的な踊りをみんなで踊ってくれました。

7_20081026193631.jpg

8_20081026193709.jpg

9_20081026193800.jpg


ジャンビーアを振りかざして、太鼓の音にあわせて老人や若者が一緒になって踊ってた!!  


ジャンビーアダンス最高!!!


ジブラ村

サナアに滞在して3日目。 旧市街の観光もそこそこにして、サナア以外の町にも行ってきました。

1_20081026192339.jpg


イエメンは首都のサナア以外にも見どころのある町が沢山あるんだけど、サナアを中心にして北と東はかなりの危険地帯でテロやゲリラによる誘拐の多発地域なので行けないのが現状なんです。


なので今回はそこそこ安全な南部の町や村に行きました。


その中でダントツ良かったのがジブラという高地にある村。


山の斜面に添って古いイエメン建築の建物が建ち並んでいて、とっても可愛らしい♪

4_20081026192554.jpg

6_20081026192730.jpg

7_20081026192812.jpg


そんでもって、観光客があまり来ないこともあって村の人達はみんな陽気に挨拶してくれたり、子供達は「スーラ!スーラ!(写真撮って!)」と元気に言ってきます。  

2_20081026192421.jpg

3_20081026192508.jpg

5_20081026192646.jpg

11_20081026193037.jpg
まつげ長すぎ!!

9_20081026192926.jpg
めずらしくムスリムの格好した女の子がスーラ!って言ってきた。 カワイイ♪


ちなみにイエメン女性は全員ムスリムの黒い服で肌を隠していて、半分の女性は目すらも隠してるくらい厳格なムスリム。それに女性は子供であっても写真撮られるのを嫌がるし、男性に挨拶してくることなんて厳格なイスラム国ならまずありえないことなんだけど、この村の女性は陽気に挨拶してくれるから嬉しい♪


でも大体は俺のことを女だと思って握手してきたり、挨拶してきたりするんだけどね(笑)  なので少ししか生えてこない髭もこの際キレイに剃って、どっちにも見えるようにすればお得かもしれないな(笑)


このジブラの村以外は大したこと無くて、移動のバスや乗り合いタクシーがすっごくツラかったけど、この村の人たちの優しさで疲れきった心も癒されました。

8_20081026192850.jpg

10_20081026193005.jpg


うん!!  やっぱイエメンいい国だ!!!


エジプトからイエメンへ!

10月20日

1_20081026191823.jpg
イエメニア航空の飛行機

1ヵ月半以上も滞在してしまったエジプトと、やっとこオサラバして飛行機でイエメンの首都であるサナアまで来ちゃいました!!


イエメンはアラビア半島の南部、サウジアラビアの下に位置しておりアラブ圏で唯一の石油生産が無い国として「アラブの最貧国」と呼ばれてる国。


でも、石油が取れなくたってイエメンの人たちはアラブ文明発祥の地としての誇りと、古きよきアラブの習慣を大切にしながら暮らしてます。


そんなイエメンの首都サナアは「世界最古の摩天楼都市」と呼ばれるんだって!  


旧市街は、今まで見たことも無いような古い塔状の住宅が寄り添うようにそそり建っていて、本当に何時間見ていても飽きないくらい!!

2_20081026191859.jpg

3_20081026191935.jpg

5_20081026192057.jpg

4_20081026192019.jpg

6_20081026192134.jpg



さすが旅人の良かった国ランキング1位の国です!  ホント来て良かったー! イエメンに行って無かったら世界周ったって言えないよ。


エジプトや他のイスラム圏の人たちと比べて、イエメンの人たちはみんな優しくてイイ人達ばっかりだし、物価も安い! そして旧市街は最高の町! あーなんてイイ国なんだぁ。


イエメン人男性は、ガラベーアというアラブ人特有の服の上にジャケットを羽織り、腰にはジャンビーアという三日月型の短剣をさしてるのが特徴ですっごくカッコイイ!!  
7_20081026192214.jpg


ジャンビーアは昔から代々受け継がれてきたもので、ジャンビーアをさしてる子供は一人前の証らしい。

とにかく、いろんなことが面白すぎるこの国!


よ~し! これから2週間のイエメン滞在を満喫しまくるぞ~!!


ルクソール  「カルナック神殿」

アスワンからルクソールに移動してきました。 


ルクソールは王家の谷と、いくつかの完成度の高い神殿で有名な町!


ナイル川を挟んで東岸にカルナック神殿とルクソール神殿があり、西岸に王家の谷がある。


とりあえず移動で疲れた体を2日ぶりにベットで休め、次の日の観光用に体を充電しました!  
もー爆睡でしたね。


そして次の日の昼。 自転車を借りて神殿めぐりへいざ出発!!  


でも失敗でした。 日中は日差しが強すぎて日陰しか移動できない始末。  チャリ借りたので観光止めるわけにもいかず、強行突破しました。   あ、あつい… 暑い…


14_20081019215452.jpg
とりあえずカルナック巨大すぎ!

15_20081019215505.jpg
巨大な柱が沢山並んでたけど、凄すぎるぞ!!  日陰いっぱいあるし(笑)

16_20081019215515.jpg
日陰気持ちいい…♪

17_20081019215525.jpg
長くそびえ立つのがオベリスク。 オベリスクって遊戯王のイメージから巨神兵かと思いきや、全然違った。


なんか巨大な柱が凄すぎて、他はあんまりだった。  よしルクソール神殿に行こう…


ルクソール神殿に着いたと思ったら、あれれ?  入場しなくても遺跡が外から丸見え。 しかもカルナック先に見てしまった為、すでに遺跡お腹いっぱいでした。

19_20081019215616.jpg
ルクソール神殿は外からパシャパシャ撮っただけだった。 ホントはもう一本オベリスクがあるんだけど、パリのコンコルド広場にあるらしい。   

あーそういえば見た気がする…  それにしてもエジプトはスフィンクスの髭を筆頭に色々海外に持ってかれすぎだなー   いつか返ってくる日は来るのかな?



18_20081019215554.jpg
ナイル川。  向こう側には王家の谷が…

すんません。 お腹いっぱいで王家の谷には行かず、カイロに戻ってきました。

みなさん行ってみて下さい!(笑)  





よーし! とうとう明日、エジプト脱出だ~!!!  


イエメン楽しみだな~♪






アスワン 「アブ・シンベル神殿」

カイロから夜行列車に揺られること17時間。  冷房が強すぎて寒すぎる車内で凍えそうになりながら、やっとアスワンに到着。   


長かった…  なぜエジプトでこんなに寒い思いをしないといけないのだろうか?  この国はいまだに理解できませんなー


ホントは全く予定してなかったエジプトの南部地方。  ここにはギザのピラミッドよりも人気のあるアブ・シンベル神殿や、ちょっと北に戻るとルクソールという町があってカルナック神殿や王家の谷がある。


もう遺跡はお腹一杯なので見るつもりなかったんだけど、カイロいてもやることないし、きっとエジプトは今後の人生でもう一度来るなんてことは無いと思うので、思い切って来ちゃいました!


ところでアブ・シンベル神殿はアスワンに来たからといって、すぐに見れるものではないんです。


宿でツアーを申し込み夜中の3時過ぎに神殿へ向けて出発っていうハードなツアーに参加しないと見にいけない。  つらいけど、ここは行くしかないですよね。


んで、朝の7時に到着。   早すぎ!  もう少し南下したらスーダンとの国境って所まで来ちゃいました。


神殿はイメージ通りの巨大なもの!  でもやっぱりペトラに比べたら迫力に欠けるな…

1_20081019215135.jpg
5_20081019215213.jpg

でもすごい!  何がすごいって、40年前にナイル川に大きなダムを建設するってことで神殿がダムの貯水によって水没してしまうことから、ユネスコが元の位置より60mそっくりそのまま遺跡を移動したってこと!  


いや~ ユネスコすごいですな~!


2_20081019215145.jpg

3_20081019215155.jpg

4_20081019215204.jpg


神殿の中には壁画が沢山あって、象形文字がいっぱい!!  なんかエジプトっぽい!!  いやハムナプトラかな!?


ちなみに、このアブ・ジンベル大神殿のお隣にはアブ・シンベル小神殿があります。

6_20081019215246.jpg
大神殿を作らせたラメセス2世が王妃の為にこっちも作らせたらしいっす。
  
7_20081019215258.jpg
警官キメすぎ!(笑)

8_20081019215309.jpg
本当ならこの湖に遺跡は沈んでいた。  でもその方が面白かったかも!? ダイビングで遺跡見学できたかもしれないからさ(笑)




アブ・シンベルを2時間ほど見学したらまたアスワンにトンボ帰りして、イシス神殿というナセル湖に浮かぶ小島に建造された遺跡にも行きました!  久しぶりに観光頑張ってます!!

9_20081019215328.jpg

10_20081019215338.jpg
個人的にはイシス神殿は凄く良かったと思われます!  教会としても使われてたらしい…

11_20081019215350.jpg
遺跡よりも壁画のほうが面白いっす!

12_20081019215430.jpg

13_20081019215442.jpg
遺跡にいたオヤジが握手して写真撮ってくれとうるさかった。 しょうがないなーもう(笑)



この後ツアーも無事に終わり、夕方になってルクソールに向けて移動しました。  

よーし 充実してるぞ~♪

ギザのピラミッド!

煮え切らない感じで砂漠ツアーからカイロに戻ってきたんだけど、20日のイエメン行きまでどうしよう??


これと言ってやることがないので、旅行券のルートを変更して19日位まで先にスペインに行ってよう!というとっても良いアイディアを思いついたんだけど、変更手数料やら燃料代やらで予想以上に金がかかってしまうので断念した。


でも今、スペインに行ってもバルセロナのホームでの試合(サッカーね)が10月はほとんど無いので、やっぱり12月に行くことにしよう。  12月はレアルとのクラシコ戦もあるしね!!


ん~でもホント20日までどうしよう…


…忘れてた。ここエジプト!  ピラミッドあんじゃん!?


よし!じゃあ明日行こう!!  ってことでギザのピラミッドに行ってきました。


日本にいたら、「暇だしギザのピラミッドでも見に行こうっかー」 なんてことには絶対ならない。


そうだった、ここはエジプトのカイロだった! ピラミッドがあるギザはナイル川の向こう側じゃん!


すげーすげー!!


地下鉄とローカルバスを乗り継いでピラミッド入り口までなんなく到着!!


もうデカイの見えちゃってるし!?

1_20081011020454.jpg
クフ王のピラミッド。
2段目の真ん中に立ってるの僕です。  わかんねー!! 小さすぎるー!!


2_20081011020505.jpg
スフィンクスは顎鬚があったらしいけど、イギリスが持ってちゃったからカワイらしくなってた。  
鼻も削り取られてるし、かわいそー!

3_20081011020525.jpg
侵入者を防ぐために、スフィンクスはナゾナゾ出したらしいよ!  
って答えられたら誰でも入っていいんかい!!?

4_20081011020534.jpg
カフラー王のピラミッド。 
大きさはクフ王の方が少し大きいけど、こっちの方がカッコイイ!!

5_20081011020544.jpg
キャメルポリス!!  サイレンはラクダの声?

6_20081011020557.jpg
ピラミッドにある隙間の穴でチャイ屋を営むオッサン。
いいのか?  でもポリスも買ってるからオッケーなんかー(笑)

7_20081011020610.jpg
カフラー王のピラミッド内部1。

8_20081011020622.jpg
カフラー王のピラミッド内部2。
中は狭いし灼熱のサウナ状態!  奥には棺みたいなのがありましたよー!

11_20081011020703.jpg
奥がクフ王。手前がカフラー王。 実はもっと右の方にもメンカウラー王のピラミッドがあるんだけど、小さくて完成度も悪くショボイので外した。  ごめんねー(笑)

9_20081011020633.jpg

12_20081011020724.jpg
噂どおりスフィンクスの目の前にはKFCとピザハットがあった!!

13_20081011020714.jpg
お決まりの写真です。



14_20081011020734.jpg
ピザハットの屋上で夕日ば眺めたとです。

15_20081011020742.jpg

16_20081011020752.jpg
ちょっと感動したとよ。

17_20081011020802.jpg
叫んでみた。  バカヤローって!   
下にいたポリスに怒られた(笑)




けっこう軽いノリでいったけど、予想以上にピラミッド良かったです。

次はアブシンベル神殿とカルナック神殿でも見に遠出してみようっかなー!!





続、黒砂漠ツアー、白砂漠ツアー!

朝、8時のバスでカイロからバフレイヤー・オアシスっていう砂漠の中のオアシスの町に向かいました。


バフレイヤー・オアシスは、よくイメージするような砂漠の中に湖があるみたいな所ではなく、ただの汚い田舎町でした。  ペルーのイカにあったオアシスは、そのまんまイメージ通りのオアシスやったのに…


と まぁそんな町にバスから降りたら今回のツアーのガイドがピックアップしにきてたので、さっそく車に乗り込み移動開始!!


その車、トヨタのランクルだったけどかなりボロボロ。 この旅ではボリビアのウユニ塩湖ツアーなどでトヨタのランクルに何度もお世話になっているが、今回のは比べ物にならない程ボロイ… 大丈夫か?


車に乗り込んでから一時間位たったが、全然町から出ない。 既に2時過ぎて朝から何も食べてなかったのでお腹グーグーだった。 


それなのに要領の悪いガイド達はガソリン入れたり、車ちょっと治したり、ツアーの食材買ったり。
そんなん俺達が来る前に準備してろー!!  


そんな調子の中、やっと町から出て砂漠らしき風景が見えてきた。  車は快調にアスファルトの上を飛ばしていたが、途中でガイドが砂漠めがけて勢いよくハンドルを切った!


唸りをあげながら進む車。 そしてガイドは得意げ!!  でもなんかムカつく。 とりあえず遊びはいいから早く飯を食わせてくれ…


なんて思ってたら、突然車が止まった。  


…はい。 案の定、エンストです。  しかもタイヤは砂にハマってるし、全然動かない。  

DSC_0025.jpg

1_20081011020242.jpg

2_20081011020252.jpg


ブツブツ文句言いながらみんなで車を押したが、諦めて歩いて昼食食べるところまで砂漠の中を歩きました。  


10分位で着いたので良かったけど、もっと離れてたら終わってたね! 車は一応治ったらしく。 ツアーは出来るっぽい。


早く白砂漠行きてーな。 こんな出来損ないのツアーでも白砂漠にはかなり期待できる前情報を貰っていた。


行った人のあいだでは白砂漠はナメック星みたいですごかった!! と有名なのである。期待が膨らみます!


昼食を食べた後、バタバタで白砂漠へ移動でした。 予定では白砂漠でサンセットを見る感じだったのでガイドは結構焦ってました。  ホント要領が悪くて困ります。


でもなんとかサンセットには間に合った!!  正直、サンセットは色んな所で見てるから、あんまりでしたが…
3_20081011020300.jpg


ん?てかこれ、ナメック星か?? 僕にはナメック星が全然見あたらないんですが、まさかここが白砂漠でナメック星に似てるなんて言わないよね?
鳥山先生に怒られるよ!!
10_20081011020409.jpg

4_20081011020310.jpg

8_20081011020349.jpg

9_20081011020359.jpg


むしろ百歩譲って、悟空とべジータが戦った所じゃないかな?  よし!しょうがないので無理やりそんな事にしとこう。  あ~あ


サンセット見た後、白砂漠の適当な所に移動しなかなかウマイ夕食を完食して、無駄にテンション高いガイド達はほっといて、流れ星を見たりしながら夜を明かしました。

5_20081011020320.jpg

6_20081011020329.jpg
とりあえず、逆立ちとフュージョンしてみました。



7_20081011020340.jpg
こんな感じで砂漠で寝たんだけど、アホなガイド達は風除けを風受けに使っていたので、砂風のせいで寝れなかった。 ガイドさん達、もっと頭使っていこうね!




次の日は朝食を砂漠でとった後、クリスタルマウンテンって所に行きました。 
山と言っても岩の丘って感じだったけど、近くで見てみると確かにクリスタル!
11_20081011020419.jpg
12_20081011020429.jpg
きっとこれを磨いて加工すればキレイになるに違いない。


その後、黒砂漠を通って無事に町に帰ったかと思いきや、途中でポンコツのエンジンがバーストして完全に動かなくなったので、他の車に引いてもらって帰ってきました。


なんかツアーっていうよりも、過酷な砂漠をただただ移動してるだけのツアーであんまりだったなー。

早く早くイエメンに行きたいです!!



黒砂漠、白砂漠ツアー!!

インドビザとエジプト再入国ビザが発行されるまで数日かかるので、その間にカイロから1泊2日でいける黒砂漠と白砂漠のツアーに行ってきました!

DSC_0069.jpg


と、その前にどうしてエジプトの再入国ビザの手続きなんてしてるかというと、最初の予定ではエジプトからスペインに行った後、ポルトガルからモロッコまで下り、その後またスペインに戻ってロンドンに渡り、11月中頃にはインドに入国!って感じで考えてました。


ところが、一緒にダハブで長く過ごしカイロまで移動してきたみんなの今後の予定はイエメンに行った後、アフリカのエチオピアに飛んで、そこから陸路でケニアやタンザニアを抜けながら南下し、南アフリカまで行って最終的にそこから南米に渡るらしい。


・・・イエメン。  その国は旅行をしてると何度も聞く中東の国であり、よく旅行者に一番良かった国を聞くと必ず行った人は答える国。    う~ん 気になる。


とりあえず、みんながイエメン、エチオピア行きのエアチケットを買いに行くらしいので着いていくことに。


向かってる最中、よ~じさん、ななちゃん夫婦にエチオピヤやケニアの話を聞いてみた。


その聞いた話の中に、ナイロビのサファリツアーでこれから行く時期ならヌーの大移動が見れるらしい。  あのよくテレビでヌーが川を大群で渡り、その中で何頭も溺れたり他のヌーの踏み台になってしまう過酷なやつです!  


…そして、心が揺れ動いた!  その瞬間、頭の中フル回転!! そして、名案を思いついた!


俺もイエメンからケニアまで行ってみよう!そしてケニアからエジプトに帰ってきてから予定のルートに戻ろうって感じでね!!


一度そう思ったらもう諦めらんない。 あとはエアーチケットの値段次第だったけど、イエメン→エチオピア//陸路//ウガンダ→エジプトっていうフライトで約9万弱だった。  安い!!! 行くしかない!!!


ということで、10月20日のイエメン行きのフライトまでエジプトにいる事になった次第であります!


実を言うと今回の旅ではアフリカ周るのは断念してました。 一人じゃ大変だし時間もかかる。 でもだからといって、帰国してからいつか行こうにもアフリカは遠いしベストシーズンに行くのは難しい。


だったら今回のこの機会に行こう! 帰国するのは1、2ヶ月延びてしまうし、僕が持ってる世界一周旅行券は有効期限が1年間なので2月末にきれてしまうけど、タイからだったら自分でエアチケット買っても安いので行っちゃえ!!!


あーなんか自分が旅してるなぁーって改めて実感したなぁ(笑)


そういうことなのでみなさん! 野生の動物達やアフリカの民族達、キリマンジャロなどなど頑張って見てきたいと思います!!  髪の毛も切れたらいいんだけどなー!!!


あれ? そういえばタイトル「黒砂漠、白砂漠ツアー!!」だったのに、アフリカ行きの話ばっかりになっちゃった(笑)


次、ちゃんと書きまーす♪

DSC_0134.jpg
バスでガラガラだったのに、わざわざ横に座ってきたエジプシャンの女の子。 カワイイ♪
あの時、横に座ってきた時の笑顔には完全にやられたね(笑)  
写真の俺、寝てるみたいだなぁ…

ダハブからカイロへ!

10月10日。 実はまだエジプトにいます。  今回の旅で一番長く滞在してる国になってしまった。今まではメキシコが一番だったのに…


もともと1ヵ月位の滞在予定で旅をしていたんだけど、あることがきっかけで20日までエジプトに居なくてはいけなくなったのです。


まぁ 「あること」ってのには今度語りたいと思います…


とりあえず、今回はダハブからカイロへ向かったとこらへんを書きます。


沈没船ツアーも参加という目的を達成したのでそろそろカイロに向かおうかなっていう前日、ダハブ最後のシメとしてサウスという場所にダイビングしに行きました。


そのポイントは4人以上集まらないといけないので、なかなか行く機会がなかったんだけど一緒にカイロに向かう仲間達も集まり結局6人で潜りに行く事になりましたー!!!


しかし、その日は強風のため波が強かったんだけど、おかげでエキサイティングなダイビングをすることができた!!!

2_20081011020131.jpg
波で海がうねってました!

1_20081011020122.jpg
左から俺、修造さん、よ~じさん、ななちゃん、きりちゃん。 カメラマンはダイマス翼君。



3_20081011020151.jpg
ポーランド人の女の子、アーシャちゃん。  危うく恋してしまうとこだった。 カワイイ♪



サウスでは2本潜り、ダハブでのダイビング最後の締めくくりとして大満足の日でした。


次の日、夜行バスでカイロに向かう前にダハブで1ヵ月過ごした仲間達と夕食を食べに行ったんだけどなかなか料理が出てこず、店に入ってから食べ終わるまで2時間以上かかってしまった。 


結局、写真もろくに撮れずに宿まで走って帰って荷物取った後、急ぎ足でバスターミナルまで移動っていうバタバタだった。  


折角、最後にと思ってフンパツしてデッカイこんがりチキンを頼んだのにそれも早食い競争みたいになってしまった。  残念すぎるー!!!

4_20081011020201.jpg
バタバタで食べた、こんがりチキン。

次の日の朝、カイロに着いてホテルチェックインしてエジプトビザの延長手続きをし、インドビザの申請をし、そして「あること」により再入国ビザの申請をしました。  ん~カイロ着いてから事務的なことばっかりだ!



5_20081011020212.jpg

とりあえず、考古学博物館には行ってきたよー
感想は、なんか発掘したものの倉庫みたいな感じであんまりでした。 ツタンカーメンの黄金マスクはあったけど、そういえば日本のエジプト展で見たことあったしね…

沈没船ダイビングツアー (国立海洋公園)

沈没船のダイビングの後、最後のポイントである国立海洋公園までクルーザーで昼食をとりつつ移動しました。

1_20080929224127.jpg

12_20080929224223.jpg


正直、沈没船のポイントは流れが強くて結構疲れた。 朝食に比べて昼食はボリューム大だったけど、そんなにガツガツ食べれなかった。   

船の上は風が気持ちくて、美女の水着を見ながらうたた寝してました(笑)

28.jpg

49.jpg



3本目は沈没船とかは無く、サンゴがキレイなポイントでした。 さすが国立海洋公園!!15m~20m位の深さだからダイビングも楽チン♪  流れは速いけど…


31_20080929225833.jpg

32_20080929225911.jpg

33_20080929225940.jpg

ここでの楽しみは水中生物の観察!!

巨大なウツボ君や海亀さんも優雅に泳いでました☆

34_20080929230023.jpg
写真では小さく見えるけど、僕と同じ位の大きさ! 顔がイカツイ!!

35_20080929230045.jpg

36_20080929230148.jpg



37.jpg
↑↓この2つの写真に一応海亀が写ってんだけど、わかるかなー?? 真ん中の薄く写ってるはず!
IMG_6889.jpg




42.jpg

44.jpg

38.jpg

46.jpg


終盤、国立海洋公園なはずなのに便器が沢山沈んでました。  なぜに????

43.jpg

39.jpg


41.jpg

やっぱり国立公園なだけに、いつもとは違ったっす。 特に最後が(笑)


今回の沈没船のツアーでダイビングのコツを掴んだ気がする!  

今度は潜るのはタイかなー!!!!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。