スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ダリ美術館

バルセロナには、ピカソ美術館とミロ美術館がどっちも良かったけど、やっぱり一番はダリ美術館!!


ダリ美術館はバルセロナの中心から列車に乗って2時間の町、フィゲラスにある。


バルセロナからは少し離れてるけど、ここは絶対行く価値あり!!


2年くらい前に日本の上野でダリ展があったけど、そこでは見られなかった作品が数多くあった!


むしろ美術館そのものがダリの作品!!  

00.jpg

0_20081224023302.jpg


美術館の外観には巨大な卵があったり、壁には沢山のパンがくっ付いてたりと何やら可笑しなことになってる(笑)


外観もすごいが美術館ももっとすごい!!


巨大な騙し画などのトリックアートが沢山あって、何時間いても飽きないし楽しい♪


やっぱり俺はダリが好きだー!!!!


2_20081224023331.jpg
有名なリンカーンのモザイク画。 でも近くで見るとダリの奥さんが窓から海を眺める画になる。 
そっちの方の写真撮るの忘れちった(笑)


1
巨大すぎる絵。  俺、小さっ!!


3_20081224023345.jpg
髭がダリだからこれも肖像画かな?


6_20081224023431.jpg
美術館の天井に書かれた大きな壁画。 実は巨大な騙し画



5_20081224023416.jpg
ソファーと暖炉と絵画が飾ってある部屋。  でも下がってみると…  

4_20081224023359.jpg
女の人の顔! 実際の有名な女優がモデルらしい。。 こんな部屋に住みたい(笑)



スポンサーサイト

バルセロナとガウディ

バルセロナで有名なのといえばやっぱりガウディ建築ですよね~


サクラダファミリアやカサ・ミラ、カサ・バトリョは何度も見に行ったけど、見に行く毎に良さが分かってくるような感じ。

8_20081222075556.jpg 9_20081222075609.jpg

1_20081222075424.jpg
東側、御生誕の正面

2_20081222075438.jpg


0_20081222075406.jpg
西側、御受難の正面

5_20081222075519.jpg
塔の上にも登れる

6_20081222075532.jpg
くだもの??

7_20081222075542.jpg
何処までも続く螺旋階段

4_20081222075508.jpg

3_20081222075456.jpg
樹木をイメージした柱

10_20081222075621.jpg 11_20081222075633.jpg


桜田家はまだまだ建設途中。 生きてるうちに完成したらもっかい見に行きたいなぁ。  いつ完成すんだろ?!


カサ・ミラやカサ・パトリョは入場料が高いので中には入らなかったけど、外観だけで十分満足できた!

15_20081222075733.jpg
カサ・ミラ

12_20081222075650.jpg
カサ・バトリョ

14_20081222075718.jpg 13_20081222075704.jpg


昼間に見るより、夜見たほうがキレイだったなー  町は、すっかりクリスマスモードでイルミネーションがちらほらあったけど、ガウディのデザインしたものや、その他のアーティストがデザインした建築物が沢山あるので、イルミネーションが少なくてもいいムードが出てましたね。。


日本はもっとイルミネーションが凄いんだろうなぁ…



バルセロナに着いて何日かは全然晴れなくて、雲ってばっかりだったのでグエル公園には晴れるのを待ってから行きました!  やっぱり公園は晴れの日に限る!!

16_20081222075747.jpg
公園の高台から見たバルセロナの町並み

22_20081222075910.jpg

17_20081222075759.jpg

18_20081222075814.jpg

19_20081222075826.jpg

20_20081222075843.jpg
公園で一番人気のトカゲ

21_20081222075853.jpg 23_20081222075922.jpg



まだまだ他にもガウディのデザインした建築があるんだけど、次また来た時の為に残しときました。


バルセロナは住み心地が良さそうな町。 今度は夏のバルセロナに来たいなー






なんか写真で誤魔化したブログになっちゃたな(笑) 






きた!来た! バルセロナ!!

アフリカから一気に先進国のヨーロッパ、スペインのバルセロナまでやって来ました!!!


とりあえず、エジプトからマドリッドに着いたとき、あまりの寒さに凍りつきそうになった。


寒いよーーーーーー!!!!


ちょっと前まで赤道に居たのに…


それにしても、夏のヨーロッパを旅してる時は1ユーロ=178円だったのに、今は127円ってどういうこと??


ユーロが安くてもスペインには10日しか居ないので、なんか残念な気がするけど、サッカーのチケットは安いからラッキー!!!



ちゅーことでバルサの試合を沢山観戦してきました!!!

0

6_20081220095421.jpg


10日間でホームの試合が3試合もあるなんて珍しいしオイシイすぎるので、実はこの日に合わせてアフリカから来たのだー!!!!


3試合で一番良かったのは、レアルとのクラシコ!!と思いきや、アンリがハットトリックで大活躍したバレンシア戦!


リーグ戦の順位はバルサが1位のバレンシアが3位なので、重要な試合!


カンプノウは7万人以上の超満員!!!

2_20081220095312.jpg

3_20081220095335.jpg

4_20081220095348.jpg

1_20081220095300.jpg


試合はバルセロナの圧勝で4-0だった!!!


アルゼンチンのナショナルチームで見たときのメッシとは全然違ったプレーが見れたし、何よりもなかなか調子が出てこないアンリがハットトリックしたのが見れたので大満足!!!


レアルとのクラシコも2-0の快勝だったので町は大盛り上がりだった!! 


今季はバルサの優勝で決まりですね♪

世界遺産??

ウガンダの首都はカンパラ。  ジンジャで少しゆっくりしてからカンパラへ移動しました!


カンパラからエジプトのカイロにフライトするので、よ~じさん、ななさん、修造さんの3人とはカンパラでお別れです。  


かれこれ3ヶ月以上も一緒だったので寂しいくなるな~。。


3日間のカンパラ滞在で世界遺産を見に行ったんだけど、しょぼ過ぎるしとても世界遺産には見えなかった。

14_20081216222056.jpg
世界遺産のカスピドーム  とても世界遺産には見えん!
15_20081216222112.jpg
近所の学生が見学しに来てた。




しかも入場料約1000円!!!  最悪…


これが世界遺産だったら日本の寺や神社は全部世界遺産だと思うんだけど…


世界遺産にはガッカリさせられたけど、ウガンダはビールが旨い!!!

8_20081216221901.jpg


特にナイルスペシャルは最高の味わい! 日本のアサヒより旨いかもしれない。。 安いしね♪




カンパラの町は、ケニアのナイロビと同じく都会的でビルが建ち並ぶ感じだった。

10_20081216221933.jpg

11_20081216221950.jpg

13_20081216222040.jpg


それでもやっぱりアフリカらしい町並みもちゃんとあって、長く居れば居るほど楽しくなりそうな感じがしたなぁ。。


でも今回のアフリカの旅はこれで終わり。  


当初は全く行く予定の無かったアフリカだったけど頑張って旅して良かった!!


エチオピアは最高に辛かったけど、旅してるなぁーって実感がかなり湧いたし、ケニアはサファリが文句のつけようが無いくらい楽しかった♪


ウガンダでやったラフティングは絶対忘れられない思い出!


そして何よりも、アジアともヨーロッパとも中東とも違うアフリカという世界を肌で感じることが出来た!!


今度は西アフリカに行ってみたいなー!!!


ではでは、これからエジプトを経てスペインのバルセロナに移動しまーす♪

16_20081216222126.jpg







ケニアからウガンダへ

11月22日 サファリから夕方ナイロビに戻ってきて、そのまま夜行バスでウガンダに向けて出発しました。


サファリしたらケニアではもうすることが無いので、次はウガンダのナイル川源流でラフティングです!


ナイロビから7時間ほどでウガンダのジンジャという町に到着しました。


ジンジャはビクトリア湖の畔にある町で、町から少し歩けばビクトリア湖から流れ出すナイル川の源流ポイントが見えたり、世界的にもカヌーやラフティングポイントとして有名な場所。


ちなみにラフティングとはゴムボートに乗って、オールで漕ぎながら激流のなかを進んでいく超エキサイティングなもの!  

01.jpg

もちろん常に激流ではないが、このナイル川のコースはレベル5(一応ラフティングコースのレベル標記としては最高値。 もうほとんど滝ですね。。)の激流ポイントが4箇所あって、その他にもレベル4やレベル3のポイントが沢山あるのでラフティング好きには最高の楽しみができるコースなんです。


早速、宿にチェックインした後に次の日のラフティングを予約しました。


んで次の日、集まった人数は僕達合わせて7名。 


0_20081216221427.jpg

03.jpg

1


ラフティングについての説明を受けた後、ついにポイントに向けてトラックに乗って出発!! もうトラックには慣れっこです(笑)

2_20081216221614.jpg

3_20081216221729.jpg




ポイントについた後、早速ボートに乗りラフティング開始!


最初はレベル1やレベル2が何箇所かあるだけで、だいたい穏やかな川です。


なのでみんなでオールで漕ぐ練習をしたりしながら進んでいきました。ちなみにコースの距離は30km! 

000.jpg
↑ナイルリバーのコース! 激流ポイントの名前とレベルも書いてある。

02.jpg
↑見た目普通の大きな川。 でも激流ポイントはちょっとした滝にしか見えない。。




その後、激流ポイントのレベルが上がってくるにしたがってかなりスリリングになっていき、最初のレベル5登場!!


インストラクターの指示に従いながら一生懸命頑張ってみたものの、ボートは転覆し強い流れに巻かれながら100m以上流されました。


ほとんど滝のような感じの流れなので勢いが強すぎて息は出来ないし、水の中ではグルグル回転してしまうので上がどっちか全くわかんない。  自然の力には逆らえません! カヌーに乗ってる救助隊に助けてもらいながらいくつもの激流ポイントを超えて行きました!


奇跡なのか俺達の腕が良かったのか、1度だけレベル5を転覆せずに突破することができた!!

9_20081216221917.jpg


その時はみんなで歓喜の雄叫びをあげながら喜びました!!  もう最高だったね!!


結局、合計で3回ほど死にそうな目に遭いながらも30kmラフティングで下ることができた!!  


さすが、世界で1番かもしれないコース! いままでやったアクティブスポーツの中で文句なしのダントツ1番で楽しかった♪


次はネパールで寒くなければチャレンジしたい!!!

4_20081216221747.jpg


ナクル湖国立公園 サファリツアー!

3日目。 日の出前にロッジを出発し、マサイ・マラでモーニングサファリ!



IMG_9264.jpg

DSC_0655.jpg


日の出をバックにキリンが歩く姿を見て感動してしまった。


その後、まだ見てなかったチーターのいるポイントに行ったんだけど、遠くの方にいたので残念ながらハッキリと姿を見ることができなかった。 


でもマサイ・マラでは最高に満足できるサファリができたので悔いは無いぞー!


モーニングサファリを終えた後、次の日に行く予定のナクルに移動しました。 マサイ・マラからは5時間ちょいの場所にあるので前日の移動です。


着いたホテルは、結構しかっりしたホテルでビックリ!!


美味しい夕食を食べた後、明日の為に早く寝ました。


次の日、ツアー最終日。朝食を食べて7時に出発!


ナクル湖が見えたと思ったら数え切れないほど沢山いるフラミンゴやペリカンにとても驚きました!!

2_20081213034831.jpg

3_20081213034912.jpg



ナクル湖の畔で車から降ろしてもらいフラミンゴを近くで見せてくれました。 俺はフラミンゴなんかよりもすぐ近くで草を食べてるシマウマの方が気になる。

5_20081213035016.jpg

4_20081213034948.jpg


そろりそろりと近づいて一気に追っかけたけどダッシュで逃げられました。 当たり前だけど速すぎ!!




馬やロバと違って臆病なので家畜にはできないらしい。 臆病だといい事もあるんだなー。 


シマウマと追いかけっこを楽しんだ後、ナクル湖の目玉である白サイのポイントに移動。


途中でマサイ・マラでは見れなかったブチハイエナ達がいました!

11_20081213035236.jpg


想像してたよりも可愛くてビックリ! 実はハイエナが一番、狩が上手って知ってました?? ライオンが食べてる獲物のほとんどがハイエナから横取りしたものなんだって! もっと頑張ろうよ百獣の王…


しばらく移動してたら象らしき姿が…  


と思ったら、実は白サイだ!!  遠くからだと似ていて区別できん。 でもレンジャーのポールには余裕で分かるらしい。。  いったい視力いくつなんだ??


それにしても白サイってどっかの動物園で見たことある気がするんだけど、こんなに角が長くて立派な白サイは見たこと無い。



12_20081213035253.jpg

14_20081213035336.jpg

親子

ケツ

もう恐竜ですね。 かっこよすぎ!! 子供カワイイすぎ!!


しばらくみてたら、たぶんファミリーであろうこの3頭の所にオスの白サイが近づいてきた!


それに気付いたファミリーのオスは唸り声をあげて、敵のオスへ突進!!

犀喧嘩2




すっげー迫力!! サイって本当に角で攻撃するんだ! 敵のオスも負けじと交戦していたが、見事追っ払うことができたようだ。


それにしてもまさか白サイの本気の喧嘩が見れるとは思わなかった! 運転手も結構興奮していて、白サイのなかなか見れる戦いは滅多に見れないことなのでとてもラッキーだと言っていた。


いやーホント感無量です!


実はケニアでは密猟によってすでに絶滅してしまったのだが、他の国から何頭か移動させてやっと増えてきたらしい。

15_20081213035354.jpg

密猟は今でもあるらしく、標的にされる象やサイ、美しい毛皮を持つ動物などが欲深い人間の手によって減ってきている。


人間の勝手な都合で沢山の動物が、保護しないと生きていけない現実を肌で感じました。


僕達が払った国立公園の入場料のお金が動物達の保護の助けになるといいんだけどなー!


正直ここまで満足できるツアーになるとは思わなかったけど、野生の動物を真近で見れてなおかつ、沢山のことが学べるこのツアー  最高でした!!


やっぱりアフリカに来て良かった!!ありがとう大自然の動物達!!!


8_20081213035114.jpg

9_20081213035157.jpg

10_20081213035219.jpg




マサイ・マラ国立保護区サファリツアー!  Ⅱ

11月20日 


早朝5時半に起床し、朝陽を見て朝食を食べた後に2日目のサファリツアーに行きました。


初日からライオンなどをバッチリ見れたので、今日も期待が高まります!


今日、一番見たいのは象の群。 サファリツアーからツキが上がってきたので絶対見れるはず!!


そんな事を考えてたら遠くの山の方に何やら大物の陰が…


いきなり象さん発見!!!

DSC_8717.jpg





ちゃんと子供もいるし、しかも水浴びしてる所に遭遇したのでラッキー!! やっぱりケニアに来てからツイる!!  エチオピアは大変だったもんな~


その後はダチョウやバッファローの群、カバ、など他にも色々な動物が沢山見れました。

DSC_8498.jpg
ダチョウ

DSC_8496.jpg
これもダチョウ

DSC_8510.jpg
カンムリヅル

DSC_8567.jpg
バッファローの群

DSC_8544.jpg
これもバッファローの群

DSC_0444.jpg
カバ

DSC_0449.jpg
アクビしてるカバ

DSC_9022.jpg
水を飲むために足を広げてるキリン



いや~天気にも恵まれて最高のサファリタイムだ!!


午後には昨日と違って若いオスライオン達の群を発見!!


しかも近くにライオンが仕留めたバッファローが転がってました。

DSC_8605.jpg

DSC_0501.jpg

DSC_8607.jpg

DSC_8958.jpg


一気に食べてしまわず、時間をかけながら食べるらしい。


ライオンの寝てる隙をついて、ジャッカルがバッファローを食べようとしてたけど、それに気づいたライオンは怒り狂ってました。 そりゃそうだよね(笑)


そういえばタンザニアにもちょこっとだけ行きました!

IMG_9846.jpg
右がタンザニア 左がケニア

IMG_9164.jpg
タンザニアとの国境にて


IMG_9190.jpg
国境付近を流れるマラ川で渡ることができなかったヌー達の骨




夕方、サファリを切り上げてマサイ族の村に行きました。

IMG_9229.jpg

IMG_9231.jpg


村に入るために入場料を一人1000円位払わされた。 高いー!!!


マサイダンスというものがあり一緒にやってみましたが、ただただ上に飛び跳ねるだけでした。

IMG_9602.jpg

DSC_9060.jpg

マサイは身長が高い人達が沢山いるって聞いてたけど、みんな俺より小さくてちょっとガッカリっす。


次の日は白サイやフラミンゴが見れるナクル湖国立公園に移動しまーす♪


マサイ・マラ国立保護区 サファリツアー!  Ⅰ

11月19日 マサイ・マラ国立保護区サファリ1日目

おなじみメンバー6人でとうとう始まりました! サファリツアー!!

IMG_8210.jpg


今回のツアーはケニアで最も野生の動物が見れるマサイ・マラ国立保護区でのツアー!!

まず、ナイロビから5時間かけてマサイ・マラへ。

途中でランチを食べたんだけど、アフリカに来て一番旨かったかもしれない。 さすがサファリツアーです!!

IMG_8194.jpg

IMG_8208.jpg

昼過ぎにマサイ・マラ入り口近くのロッジに着きそこから、3時間くらいサファリに行きました。

レンジャーのポールは今日は軽く見るだけって言ってたけど、全然軽くじゃなかった!

保護区に入ったらすぐに野生のシマウマがお出迎え!!  ホントにシマシマだーー!!

IMG_8221.jpg

IMG_8222.jpg

動物園で見るのとは全然大違いです。 だって柵とか檻とか無いし、むしろ俺達の方が檻に入ってる感じですもん!

それにどいつもこいつも目の輝きが違う!!

シマウマを見た後はヌーとトムソンガゼルがいました。

IMG_8227.jpg

なんかほのぼのとした感じだなー!

その後、何分か移動してると遠くの方でサファリカーが集まってる!

IMG_8234.jpg

ひょっとして大物か??

そんな期待を胸に近づいてみると…

でたー!!!!!!!!!  いきなりでたー!!!

IMG_8265.jpg

IMG_8259.jpg

IMG_8362.jpg

ライオンだー!!!!!!

しかもプライド(ライオン特有のオス一頭、メス数頭と子供達で出来た群のこと)を作ってる!!! 

やっぱり目の輝きが違うね!!

動物園では見られないようなライオンの動きや鳴き声を肌で感じました!






ライオンもサービスがよく、アクビやケンカもしてくれるし、サファリカーのすぐ近くに雄ライオンが来た時は迫力がありすぎた!!

さすが百獣の王!!!

ライオンには昔からかなり思い入れがあるので野生のライオンが見れてスッゲー満足♪

その後、ライオンの次にバッファローがいた!

IMG_8378.jpg

IMG_8385.jpg

正面から見るとセンター分けみたいでちょっとマヌケだぞー(笑)

でも本当は気性が結構荒いらしく、たまにサファリカーを倒されちゃったりするらしい。

むしろそっちの方が面白そうだから倒してくれ!! 

でも全然ほのぼのとした感じだった。  近くにはライオンいるのに…   

そろそろ日も暮れそうなのでバッファローを見た後、ロッジへ戻ることになりました。

いやー いきなりライオンやバッファローが見れるとは思わなかったなー!

しかも最後にマサイキリンが見送りしてくれた。

IMG_8419.jpg

この前、ジラフセンターでキスしまっくたのは網目キリン。 マサイキリンは全然模様が違うぞ!!

キリンの走ってる姿がかなり笑えました。

一日目にしてかなり満足満足。 

夕食も美味しかったし、明日も楽しみだー!!!!!


ジラーフセンター!

11月17日 

ナイロビ郊外にあるジラフセンターに行ってきました。

ジラフってキリンのことね。

ここではキリンを真近で見れて触ったり餌をあげたりできちゃうとこなんです。

IMG_8065.jpg

IMG_8067.jpg

うぉー!!!  

キリンちゃん、首なげー!!! 

しかも黒目がクリクリでカワイイー♪

IMG_8079.jpg


触ってみるとキリンの毛は凄く硬い!

そしてベロは紫で長~い!!  ベロベロ~

なんてこった。 キリンちゃん可愛すぎるぞ!!

餌を口にくわえて近づいてみたらキスしてくれました(笑)

IMG_8102.jpg

IMG_8144.jpg




ヨダレいっぱいつけられるけど、なんか嬉しい♪ おもしれぇ~ 笑笑

こんなにキリンを触れるところはココだけじゃないかな。 

つらかったエチオピアからの移動もキリンと触れあったら忘れちゃうね!

来てよかったー!!!!

さぁ 次はサファリで野生の動物達を見るぞ~!!!!

IMG_8168.jpg

東アフリカ最大の都市 ナイロビ!!

11月16日 とうとう着いたぞ!ナイロビ!!!

IMG_8052.jpg


長かったエチオピアからの国境越え。 世界で最も過酷とされる移動。


長かった。ホントに長かった。そしてツラかった。


でもこれからの旅でこれ以上キツイ移動は無いから、もうどんなとこだってヘッチャラだい!!


仲間の皆と無事に着けたことを心から喜びあった。


しかし、着いたからといってすぐに安心できるほど甘くないのがアフリカ。


そうココはかなりデンジャラスな町、ナイロビなのだ!!


昼間から強盗なんて頻繁に起きてるし、アフリカ最大のスラム街では警察の力も及ばない無法地帯!!

IMG_8053.jpg


ブラックアフリカの社会をナメてたら痛い目に遭っちゃいます。


警戒しながらも無事にナイロビの有名な宿であるニューケニアロッジに着いたぞー!


サファリツアーができるこの宿には、各国から旅行者が集まっていて賑やかです。


久しぶりに落ち着けたので、宿の屋上でよーじさんとマイちゃんをカットしました♪

DSC_0692.jpg

DSC_0667.jpg

DSC_0003.jpg

DSC_7999.jpg

ナイロビのビルに囲まれながら、気持ちよくカットができましたー!!


夜、かずまが持ってた2キロ分のそうめんを調理してそうめんパーティーを開催!!

IMG_8042.jpg

IMG_8043.jpg

DSC_0647.jpg


あー日本の味。なんて旨いんだ。 ここまで無事に来れてホントに良かった!


これでサファリツアーも完璧だー!!!!


残念ながらヌーの大移動は終わってしまったので見れないけど、期待が高まるぜ!!

ジンカで療養。 …そしてナイロビへ

2日経っても体調が全然良くならず、夜になると謎の咳が出てなかなか寝れない。 


マラリアでは無いと思うんだけど、謎の咳と謎の痛みの無い下痢には悩まされます。


たぶん咳はこれまでの中東の乾燥した気候から一気に湿度の高い気候に変わったのが原因かなーっと思うんだけど、やっぱり謎は謎。  喘息とか無いはずなんだけどなー


仲間の何人かも体調を崩してしまったので、ここで療養することにしました。


マーケットが終わった村は雰囲気がとてもゆったりしてて、すごく落ち着く。


そんな訳で結局、全部で5日間滞在してしまいました。


お陰で体調も回復し、ケニアのナイロビまで一気に移動しました。 


一気に移動すると言ってもジンカからナイロビまでの移動は世界でも最も過酷と噂されるほどの陸路移動。


早朝5時のジンカのバス乗り場でシート争奪戦をし、なんとかシートを確保できたもののケニアとの国境までは長い道のり。 もちろん道はガタガタのバスの密度は200パーセント!

DSC_0601.jpg
途中の村で出会ったカワイイ子供。 元気をわけてもらった!!

IMG_7974.jpg
俺のサングラスがお気に入り♪

IMG_7983.jpg
外すと悲しい顔をする(笑)




ジンカを出発して15時間でやっと国境に着いた。


ここで一泊し、朝一番でケニアに入国! ここからも大変だった。

IMG_8616.jpg
トイレはこんな感じ



基本的に国境からナイロビまではバスかローリー(荷物運搬用の大型トラック)の荷台での移動しかない。


どちらもかなり過酷! バスは超ガタガタ道を時速80㌔で24時間永遠と走り続けるし、ローリーは荷台の上なんで言うまでも無く地獄。


だけど俺達はラッキーだったのか、そのどちらでもなくランクルで行けることになった。


ランクルだったら人数も限られるし、舗装されてない道でもバスよりはマシなはず!


みんなでラッキーだねぇ~ なんて言いながらランクルに乗り込みナイロビを目指した。


でもラッキーなんて思ったのは最初だけ…


この車はキーを回しただけではエンジンが掛からないので皆で車を押しながら掛けなきゃならないし、スピードは30㌔しか出ない。  しかも乗るのは俺達だけかと思いきや地元の奴らも乗り込み結局12人で狭い車内に乗るハメになった。


さすが世界最強の陸路移動!そう簡単にはいかず、やっぱり地獄でした。

IMG_8034.jpg
みんなご臨終…

DSC_0626.jpg
ナイロビまではまだまだ遠い…


でもこれ以上それを話すとホントに長くなるし、思い出すだけでもツラくなるので書くの止めときます。


とりあえずホントに地獄だった。 車は数え切れないほど押したし、結局ナイロビ着くまで3日間も掛かってしまった。

IMG_8629.jpg



仲間と一緒じゃなかったらナイロビまで着くのはきっと無理だっただろう。


ホント、みんなに感謝!!!


エチオピアンスナップ集! @ジンカ

16.jpg
にわとり売りに行ってくる!

15.jpg
そこらへんにあった布巻いてみた。

14.jpg
写真きらい!

13.jpg
ママに編みこんでもらった!

12.jpg
おかあさんナイス!!

11.jpg
ん~♪ オシャレ!

10.jpg
マーケットにて。

9.jpg
いまヤギ遊牧中!

8.jpg
仲良し!

7.jpg
おかあさんナイス!!

1.jpg
きっとキューピーちゃん♪

6.jpg
オッス!!

5.jpg
歯、 白!!

4.jpg
顔、 小さ!!

3.jpg
手、 白!!

2.jpg
歯、 抜!!

0.jpg
足、 長!!

族マーケット!!

11月8日

あ゛~ あ゛~   ノドが痛い。これ以上ないくらいハスキーボイスです。 そして咳が止まりません。どうやら昨日までの移動で体調が崩れた模様。  頭も痛いし最悪。 風邪かな…


でもここで鞭を打ってでも土曜マーケットに行かなければ、族たちに会えないしツライ移動をした意味が無くなるので頑張って族たちに会ってきました!!

IMG_7851.jpg

IMG_7849.jpg

場所はジンカ村の中心の広場。 ジンカ自体の雰囲気はアフリカっぽい田舎の農村な感じでゆったりとしています。 ココまでの移動がとてもツラかったせいか、とても落ち着きます。


そんな村の中心で族たちや村の人々が大勢マーケットに来ていました。

IMG_8600.jpg

IMG_8603.jpg

IMG_7807.jpg


なんていうか、 もう族だらけです!!


バンナ族やニャンガタム族、あとマリ族などがいて、たぶん村の人であろう人達も普通に族っぽくてみんな活気に満ち溢れてる!!

IMG_7834.jpg

IMG_8604.jpg

IMG_7833.jpg

そしてそんな中、ムルシ族を遠くの方に発見!!


ムルシ族も俺達を見つけたらしく、慌てて皿を口に嵌めてた。(笑) 

IMG_3104.jpg


どうやら普段は痛いのであまり嵌めていないらしく、写真を撮らせる為に慌てて嵌めたみたい。


そう! だいたいどの族を撮るにもお金が掛かっちゃうんです。 それも1ショット撮るごとに払わなければならない。


なので気付かれないように連射モードで撮影しました。 ムルシさんゴメンなさい。。

DSC_7312.jpg

DSC_7311.jpg

DSC_7310.jpg

近くで見るとホントに凄い!! でっかい皿が下唇のところに嵌ってる!!

IMG_7779.jpg

IMG_7776.jpg


皿が大きいほど、旦那が金持ちらしい。 金持ちって言ってもたぶん牛を持ってる数が多いとかだと思うけど。


皿を嵌める理由もちゃんとある。 昔、奴隷にされないようにワザと顔を醜くするためにやりだしたらしい。 それがどこまで本当かは分からないけど、やはり奴隷狩りが盛んに行われていた時代の過酷さを彼らから知ることができました。


他の族たちも特徴的で見ていて全然飽きさせてくれないんだけど、やはり写真を撮るにはお金が掛かるのであまり撮ることが出来ませんでした。 みんなイイ人達なんだけど、写真嫌いなんだよねー

DSC_7385.jpg

IMG_3227.jpg



体調が昨日までの移動のせいで崩れてしまったけど、目的の族たちが無事に見れたので良しとするか! いや~よかったよかった♪


ジンカまでのツライ道のり。

11月6日


エチオピアの首都アディスアババからジンカという村まで2日間かけて移動しました。

DSC_7179.jpg
移動途中のバスの車窓から見た、族の家。

IMG_7668.jpg
エチオピアなのに道端に卓球台! しかも上手い!! 変なの(笑)



最初は淡々と移動してたのに、途中から早くもエチオピアの痛い洗礼が始まってきました。


ジンカ村はエチオピアのハイライトというべき所で、土曜日には沢山の民族が村のマーケットに訪れます。


この民族がかなり特徴的で一番有名なのがムルシ族! 


その族の女性は下唇を切って徐々に広げていき、そこに木や土器で作った皿をはめているらしく、なんとも凄そうな族なんです。 そんな族や他にも色々な種類の族達がそこのマーケットで見れるわけ
です。

ちなみに今回のアフリカの旅ではエチオピアでアフリカ民族。ケニアでサファリ。ウガンダでナイル川の源流ラフティングなどが大きな目的です。


ということで、朝の5時前にバスターミナルに行き、なんとか席を確保しました! このバスターミナルでは外国人ということでシート争奪戦が始まる前にバスに乗せてくれました。 ラッキー♪

IMG_7646.jpg

IMG_8470.jpg

でもそんなラッキーなど余裕で忘れるくらい大変なことがいくつも襲ってきました。


この時期は雨季はすでに終わってるはずだったのに、雨がまだまだ降っていて道が最悪の状態になってたわけです。


移動初日は、ジンカまでの中間地点である、アルバミンチまでの移動だったのだが、道に川ができてしまって予定よりも2時間遅れてしまった。 

IMG_7694.jpg
人の後ろに流れてるが泥水の川。 本当は道がある

IMG_6422.jpg
川でバスが立ち往生してたら村人が集まってきた!

IMG_8485.jpg

DSC_7232.jpg



本当だったらアルバミンチに着くことすら難しかったのが、僕達が乗っていたバスの運転手が躊躇してた他のバスを掻き分けて、勇敢に川に突入し、そして無事に川を越えてくれたので2時間遅れで着くことができたのです。

IMG_7752.jpg
村人とに見守られながら川を渡る。



でも次の日の運転手とバスがヘッポコすぎた!!

ホントにホントにヘッポコ!!
IMG_2635.jpg


川がある度に停まって雨が弱まるまで待つ、そして最終的にはビビって渡るのを諦めてしまい、途中からトラックの荷台に乗って移動するハメになってしまった。 しかもバスに積んでいた荷物はカバーシートが適当すぎてびしょ濡れになってしまってる!!  パソコンが動いてくれたので助かったが、危ないとこだった。 



そして今回の移動で一番ツラかったのがこのトラック移動!

IMG_2798.jpg


トラックの荷台には人と荷物で密度200%!!


しかもこれまで以上に道はガタガタ!!


途中、雨が降ったり、川にハマったり、急に寒くなったり、晴れたと思ったら日差しが強すぎて干からびそうになったりでした。

IMG_2856.jpg
最初は元気だった。

DSC_0761.jpg
でも途中からこんな感じ。

IMG_2907.jpg


IMG_7764.jpg


途中の快調に走ってると思ってたら、下り坂でフロントタイヤがパンクして、あわや大惨事!!!  ホントに危なかった!!!

IMG_2878.jpg

IMG_7771.jpg


そして荷台に乗ってからジンカに着くまで結局8時間かかってしまう始末!!  着いたら村は真っ暗だし、体はもうヘトヘト。 なのになかなか宿が決まんなくてツラかったー。


さすが噂に聞いてただけあるけど、噂以上の移動になってしまった。

IMG_7754.jpg
途中で食べた昼飯。 これが噂のインジェラ!! ゲボマズ!! なぜスッパイ? なぜこんな色?



あと個人的にショックだったのが、移動のバスの中での事。


前に座ってたエチオピア人達が俺の方を見ながら何やら盛り上がってたのだが、言葉が分からないので理由がよく分からなかったのだが、英語が出来るエチオピア人が教えてくれた。


どうやら俺が男なのか女なのかを6人で賭けて勝負してたらしい。 まー女に見られるのはこの旅でもう慣れっこなのだが、さすがに6人中5人に女の方に賭けられると悲しい。


のど仏を見せて男である事を証明したのだが、みんな納得行かない様子。 いやいや納得しろよ!!


一人勝ちしたオッサンはかなり儲けてた。 賭け金は一人10ブル。日本でいうと1000円以上の価値がエチオピアではあり、オッサンは男に賭けただけで1ヵ月分以上の給料に相当する額を儲けたわけだ。  


ん~ 俺としては複雑な気持ちであり、そして悲しい…

IMG_6546.jpg


こんな思いをしてジンカまでやっとついたのだが、ここで族のマーケットを見て何日か滞在したら、ケニアとの国境まで移動する予定なんだけど、来た道をもう一度戻らなければいけないのでかなり憂鬱です。 行きはツライなりに楽しめたのだが、2回目も楽しめるほど僕はMじゃないっす。


あー飛行機でケニアのナイロビまで飛んでいきてぇ~!!!


コーヒーが美味いエチオピア!

11月5日 コーヒーが美味しいエチオピア!!!


夜中の4時前にエチオピアのアディスアババ空港に着いた! 


まだ夜が明けてないので空港で朝まで寝た後に移動することにした。

IMG_7619.jpg


空港は、アフリカの貧しい国とされるとこにしてはとてもキレイだった。


エチオピアにようやく入国したけど、まだまだアフリカの旅が始まったばかり。 でもすでに心身共に疲れてる。 


これから大丈夫かなー


実はエチオピアの旅はとても過酷で有名なんだけど、その理由として…


まず飯がマズイ!! 特にインジェラっていうエチオピア人の主食に当たるものは、見た目はクレープみたいな生地なんだけど、色が雑巾みたいで味もスッパイくてホントにマズイ!!


そして宿はダニや南京虫がいないところを探すのが難しい。 噛まれたくねー!!
んでもってマラリア分布地区なので、常に蚊に怯えなくてはならない。


それから移動が最悪!! まず長距離バスの発車時間は、すべて場所問わず午前5時。 しかもバスの席は決まっておらず、5時にバスターミナルの門が開門すると同時にシート争奪戦が始まります。


これがもう大変! みんな本気で走るし、髪は引っ張られるし押されるしで、最終的にはもう喧嘩。


んでもって、それほど頑張って取ったシートにもダニがいます。


シート争奪戦だけならいいのだが、道が全然舗装されていないのでオケツは常に跳ねまくり! もう
舞空術してる感じ。


そして、エチオピアとケニアのナイロビまで陸路の国境越え移動がが世界で最もキツイとされる移動なんです。


そんなにツライ旅がこれから始まるとなると憂鬱だけど、今回は仲間がいるからきっと大丈夫!!



町の中心まで移動して、先に到着した2人が宿泊してるはずの宿に向かい、無事に合流しました!


イエメニア航空のせいで予定がくるってしまったので、明日の朝にはもう移動しなければいけない。


でも首都だけど、コーヒーくらいしか満足できるものがなかったので良しとしよう。

IMG_7621.jpg
コーヒー屋  もちろん黒人ばっかり!

IMG_6245.jpg
コーヒーマキャット 

IMG_7628.jpg

アフリカの子供達もイイ子達ばかりでテンション高すぎ!!

IMG_6188.jpg

IMG_6198.jpg




それにしても当たり前のことだけど、人々はみんなブラックです。 ん~アフリカだー!!!


飛べない!!!

11月3日 エジプトからここまで2ヶ月一緒に行動を共にしたメンバーで、いざアフリカのエチオピアへ!


メンバーは、エジプトからすっかり切っても切れない関係になってしまった、よーじ&なな夫妻、かずま、修造さん。そしてメキシコやスペイン、ハンガリー、イエメンと各地で再会したマイの合計6人でエチオピアからケニアまでの弾丸移動!


でもでも、最初でいきなり躓いてしまった。


イエメニア航空のカウンターでeチケットを出し、気分はもうアフリカに切り替えようとした矢先に、リコンファームされてないので席が無いと言われた! 一同、大激怒!!


というのは、エジプトの旅行会社でカイロからイエメン、エチオピアまでのフライトチケットを取った時にリコンファームしなくても大丈夫と言われていたのである。


そしてカイロからイエメンに飛んだ時は問題無かったので、もちろんここでもリコンファームしなかったんだけど、そしたら席がありませんの一点張り。


イエメンでエチオピア行きのフライトを発券した修造さんとマイは問題なく行けるらしく、後のエジプトで発券した4人はキャンセル待ちすることになってしまった。


まーなんだかんだ言っても結局行けるだろうと思い、みんなで待っていたのだがギリギリになってもお呼びがかからない!


マネージャーとかいう偉そうな奴に何とかしろと言っても時既に遅しで俺達4人は次の日のフライトで2人を追っかけることになった。

DSC_7079.jpg
取り残される荷物達


とりあえず、イエメニアのオフィスで次の日のフライトの予約をしに行ったんだけど、なんと10日先まで満席だと言ってきた。


いやいや、こっちはeチケット持っててリコンファーム不要と言われてたから何もしなかったのに、その結果フライトできず、挙句の果てに10日先まで無理とか言われたらお先真っ暗ですよ!


散々、怒鳴り倒してなんとか次の日のウエイティングリストに名前を入れてもらったけど、もちろん次の日に確実に行けるわけじゃない。


しかも、明日のフライトは夜中の2時過ぎの便なのでそれで行けなかったら、そんな時間に町に戻ることになる。


そして次の日の夜もその繰り返し。 飛べなければ10日先まで同じことをしなくてはいけない。


なんてことだ。ツイて無さすぎる!


まー明日期待して、重い足取りで町に引き返した。


そんでもって運命の次の日の夜。

DSC_7080.jpg

ギリギリまで待ったがまたまたお呼びが掛かりません!


怒りでスーパーサイヤ人になるのをなんとか抑えながら、マネージャーを説得したらファーストクラスにアップグレートすれば乗れるといってきた。 でも4人で800ドル!!  そんなの話ならん!!!


何とかしろー! バカヤロー!! もうここは日本語で怒鳴りまくってやった。


そしたら、エコノミーが3人で一人だけファーストクラスにすればなんとかフライトできると言ってきた。


こんなことを、明日から毎日飛べるまで繰り返すのはキツすぎるし、一刻も早くエチオピアに行かなくてはいけないので、みんなで割り勘して一人分のアップグレート代200ドルを出し、それで行くことにした。  ホントに無駄なお金を使わされてしまった。


じゃんけんで負けた俺がファーストクラスに乗ることになり、その後も搭乗するまで何度もアクシデントがあったけど、なんとか脱出できた。


ところでファーストクラスと言っても、エコノミーに毛が生えたようなものでとても200ドルの金額差があるとは思えない感じだった。


サービス普通。シートは南米のバスの方が快適。しかもフライト時間2時間弱。  残念すぎます。泣


この先のエチオピアからの旅が不安です。





ふー やっとブログ更新できた。 アフリカはネット環境悪すぎだー!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。