スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チキンバスで何処までも…

グアテマラでの移動手段として絶対外せないのがある。


それがチキンバスと言われる派手にデコレーションされたスクールバス。


このド派手なバスがグアテマラの都市や町、村を結んでいる。

1_20090218060807.jpg

1_20090218063436.jpg2_20090218063457.jpg3_20090218063526.jpg

4_20090218063540.jpg

5_20090218063552.jpg

これに乗ってるだけも楽しい♪ 


時にぎゅうぎゅう詰めで大変だけど、そんな時には陽気な先住民のおばちゃんと会話して楽しむ!


腹が減った頃には、乗ってきた売り子のおばちゃんから食い物を買う!


そんな感じでチキンバスは何処までも走っていくのだ…


ちゃんちゃん♪




スポンサーサイト

ティアンギス! チチカステナンゴ!!

パカヤ火山でマグマを見た次の日、コスタリカへと旅立つGO君を見送った後、チチカステナンゴという町に移動しました。

1_20090218073307.jpg

3_20090218073407.jpg

10_20090218073631.jpg


ここは日曜日に有名な大きいティアンギスがあり、朝と夕方の教会前での先住民のお祈りが見所。


前日入りして翌日の日曜日に一日中ティアンギスを楽しみました。

9_20090218073607.jpg

8_20090218073528.jpg

7_20090218073506.jpg

5_20090218073439.jpg


メキシコとは違うものが沢山あって、欲しいものが沢山あったけど、どれも欲しいと思うものは手がすごく込んでいて値段が高いので買えなかった。


そろそろお金も底が見え出してきてるので贅沢は出来ません。 でもココでしか買えなくて良い物を見つけちゃうと欲しくなっちゃうんだよなぁ…   


でも日本に帰れなくなくので我慢です!


夕方に先住民のお祈りが教会前でありました。 爆竹が沢山なってかなり派手なお祈りだったけど、男性の民族衣装が見れた。

6_20090218073451.jpg

2_20090218073321.jpg


メキシコやグアテマラには沢山の先住民が今もいて、それぞれ民族衣装の刺繍やデザインが違うので違う村を訪れるたびに驚かされます。


次の村に行くのが楽しみだなー♪

4_20090218073425.jpg





続きを読む>>

溶岩!マグマ!! パカヤ火山!!!

腸内洗浄をした超健康的な体で、パカヤ火山のツアーに参加!


パカヤ火山は標高2550mの活火山で現在でも溶岩とマグマが噴出していることで有名なんです。

4_20090218062207.jpg


体が軽くなったせいか足取りが軽く、軽快に登って行きました。そして、樹林ゾーンを抜けたら溶岩原が広がっていて、まるで違う惑星に来た感じ!

5_20090218062220.jpg

6_20090218062235.jpg

7_20090218062249.jpg


程なくして山頂付近に到着。 よく見るとあちこちに噴出したての溶岩があり赤く光ってました。


山って普通は靴で登るのが一般的だけど、火山灰とかで靴がすごく汚れると聞いていたのでサンダルで行ったんだけど、まだ熱い溶岩がそこらじゅうに沢山あるので熱くて大変でした。


火傷もしたけど、溶岩で火傷てなんかイイよね♪

0_20090218062053.jpg

1_20090218062107.jpg

2_20090218062136.jpg


それにしても、溶岩やマグマって当たり前だけど本当に熱いです。


近くにいると汗が出てくるし、持ってたベーグルなんてすぐにこんがり焼けました。 美味い!!

8_20090218062304.jpg

9_20090218062319.jpg


午後のツアーで行ったので帰るときには日が暮れてたけど、下山してる時に振り返ると赤いマグマがドロドロ山頂から出てて物凄い光景でした。

10_20090218062334.jpg

3_20090218062147.jpg

11_20090218062358.jpg


自然って本当に偉大です!!!


この日は、午前中に腸内洗浄。午後に火山ツアー。 すごく充実した一日でした(笑)


古都アンティグア!

物価の高かったベリーズから逃げ出すようにして、グアテマラに戻ってきました。


そして今度は一気に火山の山々に囲まれる世界遺産の町、アンティグアまで移動!

7_20090218061004.jpg


世界遺産の町と言ってもそれほど見所は無いが、ここから行けるパカヤ火山の格安ツアーで噴出する溶岩やマグマが間近に見えるので人気があるらしい。


なのでそのツアーに参加する為にココに来たと言ってもよい。


そんな町で宿を探してたら、ハンガリーで一緒だったGO君と再会した!


GO君が格安で腸内洗浄が出来るところをゴリ押ししてきたので、火山に登る前の空き時間に行ってみることにしました。


腸内洗浄をやったことがある人は分かると思いますが、あれはもう羞恥心との戦いです。


でも、ものすごくスッキリ!!  体の内側がキレイになって、なんかすごく体が軽くなった感じがしました。


腸内洗浄をした後に火山を登ったのは俺くらいかもな…(笑)


パカヤ火山のツアーから帰ってきた後、和食屋で久しぶりのご馳走を食べました。

5_20090218060935.jpg

8_20090218061030.jpg

6_20090218060951.jpg


ご飯大盛りににして!って言ったら、日本昔話し風のご飯の盛り方をしてくれて感動!!


この店、最高です!!!!



ベリーズ @キー・カーカー島!

ティカル遺跡を見た翌日の早朝にベリーズ行きのバスに乗って、カリブ海に浮かぶキー・カーカー島を目指して移動しました。


国境で聞いてた通り、ベリーズのビザ代50USドルを払わされた。 痛い! 金無いのに…


グアテマラのフローレスを出発して5時間ほどでベリーズ・シティに到着し、ここからボートに乗り換えてカリブの楽園キー・カーカー島に渡りました。


楽園をイメージしてんだけど、そこは楽園ではなくヨーロッパよりも物価の高い小島でした。

7_20090218055047.jpg

3_20090218054853.jpg


このでのハイライトは、ダイビングやスノーケリングなんだけどツアーはどれも高いし、カリブ海特有の強風や天気が悪かったりで手が出せませんでした。


世界自然遺産のベリーズ・バリア・リーフやブルー・ホールで潜りたかったけど、天気が悪かったら意味無いからね。


島は全長7kmの南北に延びる細長い小さな2つの島からなっていて、島の周りにはマングローブやヤシの木が生えてたりで、歩いてるとトロピカルな気分になる。

2_20090218054827.jpg

8_20090218055104.jpg

6_20090218055007.jpg

1_20090218054806.jpg


でも腹が減って、なんか買おうとするとトロピカルな気分から一気に現実に引き戻されます。


ダイビングやスノーケリングのツアーが高いのはしょうがないけど、飯が高いのは辛い。


島にはローカルな店や露天など無く、レストランばっかりで普通に食べたら1000円くらい軽くしちゃいます。


せっかくベリーズまできたので一週間は居たかったけど、この物価では何もする気が起きないので4日でグアテマラに戻る事にしました。


最後の夜に、一番安いであろう店でロブスターを記念に食べました。 当たり前だけど美味い。

5_20090218054950.jpg

9_20090218055124.jpg

4_20090218054918.jpg


ベリーズにはいつか金持ちになったら来たいです。


ロストワールド! ティカル遺跡:!!

フローレスに着いた翌朝、ティカル遺跡に行きました。 翌朝といってもまだ5時前。遺跡でジャングルを照らすサンライズを見る為に早起きっす。


最近、移動やらなんやらで4時過ぎ起床が続いてます。


んでティカル遺跡。 

1_20090208114319.jpg


まず入場料高すぎ!!


ペトラ遺跡以来の高い入場料っす。 だいたい1800円位。


まぁ 世界自然遺産と世界文化遺産の複合遺産だから高いのかなぁ。

14_20090208115402.jpg


でも、ジャングルの中を歩きながら遺跡を探すのってホント面白い!

マップも持ってなかったので、ジャングルの中を無我夢中で歩きまくってたら突如、バカデカイ遺跡がジャングルの中に現れた!!

13_20090208115340.jpg


なんか自分が探検家になったような気がしたし、実際最初にジャングルの中から遺跡が現れた時は自分が見つけたような感じがして興奮してしまった(笑)

2_20090208114646.jpg

3_20090208114711.jpg


結局なんだかんだで時間が掛かってしまい、遺跡に着いた頃には太陽が出てきてしまってたけど何の装備も無く真っ暗のジャングルを歩くのは大変そうだったし、まだ朝早くて人が全然いなかったので結果オーライですな。。


ジャングルには色んなカラフルな鳥や猿、ワニもいた。 アドベンチャーだわ~!!

15_20090208115425.jpg



遺跡に関してはパレンケ遺跡の方がキレイで完成度も高くてよかったけど、ティカル遺跡の凄いところは何と言っても神殿のデカさ! 10数mもあるジャングルの木々よりも大きい。

11_20090208115303.jpg

12_20090208115317.jpg

そんでまた、この遺跡に登れちゃうんだなー    これが眺めが良くて最高だし、登ってる途中もスリル満点で楽しい♪

7_20090208115143.jpg
階段急すぎ!! てか階段じゃなくてハシゴだ! コレ!!

6_20090208115043.jpg



極めつけは、神殿がまだ土に埋もれてたり、神殿にコケや木が生えまくってたりと、まるでここだけ時間が止まってるような感じがするところ。  まさに失われた世界、ロストワールドです!


10_20090208115246.jpg

高い入場料払っただけはある。


パレンケ、ティカルと大満足のマヤ遺跡だったので遺跡はこれで終わり!


ガテマラは、ひとまず置いといて、次はベリーズでカリブ海に浮かぶ孤島に行ってきまーす!





グアテマラ入国!! でもフローレスは物価高いよー

パレンケから、シャトルバスで一気にグアテマラに移動!


移動時間は約9時間。 途中でボートに乗り換えて国境を越えました。

2_20090208113959.jpg

4_20090208114054.jpg


ボートに乗っての国境移動はペルーからボリビア以来だったなー



そして、グアテマラ側のイミグレへ。。


これがまた、グアテマラのイミグレはアフリカ並み! 

3_20090208114034.jpg


いやイミグレってよりは普通の家だった。


イミグレに隣接して家があって、洗濯物とか干してあった。  これがグアテマラかぁー


目的地のフローレスは、マヤ最大の遺跡群であるティカルの拠点の町としてツーリストの多い町。


フローレスは湖に浮かぶ直径500mほどの小さな島。


見所は、湖に沈む夕日くらいだけど中々キレイだった。

1_20090208113916.jpg


でも、飲食店の値段が日本並みに高くてビックリ!


観光客しか来ない町なので物価が高くなってるらしい。


高すぎてまだグアテマラに来た感じがしないな…


よし、早いとこティカル遺跡に行っちまおう!!!


魅惑のマヤの遺跡! パレンケ遺跡!!

サンクリから、マヤの遺跡があるパレンケに移動しました。


パレンケ遺跡はジャングルの中にあり、メキシコで一番人気のある遺跡。


メキシコに関しては、個人的に一番はカリブ海に面したマヤ遺跡のトゥルムなのでそれは越えれないだろうと思っていた。


でもパレンケは噂以上に良かった!  なんと言ってもジャングルの中に遺跡があり、その仕上がりも素晴しい!

1_20090208113454.jpg
髑髏の神殿。

3_20090208113554.jpg

4_20090208113615.jpg
髑髏。

2_20090208113529.jpg
たぶんトトロが持ってたやつと同じ。 デカイねぇ~

5_20090208113707.jpg
碑文の神殿。

碑文の神殿っていう一番デカイ神殿からは、パレンケを統治したパカル王の遺骨と『ヒスイの仮面』などの副葬品が埋葬されていた。


この『ヒスイの仮面』はエジプトの『ツタンカーメンの黄金マスク』に匹敵するほどスゴイ物らしい。


確かに、メキシコシティの人類学博物館で埋葬されていた『ヒスイの仮面』を見たときに、ものスゴイ何かを感じた気がする。


今回は、事前に博物館に行って色々と遺跡の勉強をしてきたので色んな角度から遺跡を見学できて楽しかった。


やっぱ楽しむためには勉強も必要ですね。。


ちなみにこれは豆知識。


天文学の知識に優れたパレンケの王は宇宙人だという説。

6_20090208113728.jpg
一番高い塔が天文台らしい。 塔の4面がキチンと東西南北に面して建てられている。



碑文の神殿から発見された、石棺の蓋に描かれたレリーフを横に見ると、さもマヤの神官が宇宙船を操縦しているかのように見えるらしい。


なんともロマンのある話ですなぁー

7_20090208113744.jpg

8_20090208113800.jpg

10_20090208113843.jpg


とにかくパレンケ素晴しかったです!


さあ! お次はグアテマラのティカル遺跡だ!!!!




素晴らしきサンクリ!

サンクリは朝晩とても冷え込む。


でも泊まってた日本人宿カサカサの夜はすごく美味しい料理が食べれるので、とても温かい。


カサカサの管理人をしているレイコさんは中華料理のコックさんだったらしく毎日最高に美味い料理を作ってくれます。


h_20090204113653.jpg

j_20090204113811.jpg

i_20090204113733.jpg

毎日、メイン料理とスープ、サラダを作ってくれるレイコさんには甘えっぱなしだったなー


宿も良ければ、やっぱり町も面白い!


物欲の塊である僕には毎日が財布との相談です。

a_20090204113023.jpg

アンバー(琥珀) サンクリ近郊ではROJOと呼ばれる赤いアンバーも取れる。 もちろん珍しいものなので普通のより高い。 でも日本だったらその3倍はする!

b_20090204113202.jpg

最近、めっきり石にハマっちゃってるなー   オパールやアンバーなどの石って宇宙を感じる。


c_20090204113232.jpg

カフェの中に飾ってあるポスター。  欲しいから売ってくれと言ったが1200ペソ(8500円位)と言われ渋々諦めた。 フリーダ・カーロとルチャリブレのコラボポスターは珍しい。


g_20090204113543.jpg

ウイチョール族が木とビーズで作った仮面。 6000円位なんだけど、ウイチョール族の物は他にもいくつか買ってしまっていたので我慢。


f_20090204113506.jpg

天気が良かった日に、アミーゴ仲間のユウコさんとミッチーの髪を切った。

やっぱ外でカットするの楽しいなー♪

d_20090204113348.jpg

d_20090204113308.jpg


これ以上サンクリにいると、いつまでたっても出れないので頑張って次の目的地パレンケに行ってきます!

その後、グアテマラ行った後もう一度サンクリに戻ってきそうだなー

ティアンギス! シナカンタン村へ

サンファンチャムラを見学したあと、タクシーに乗ってシナカンタン村に行きました。

11_20090204025853.jpg

この村でもティアンギスがやってるんだけど、サンファンチャムラほど大きくもなく活気も無いのだが、着ている民族衣装がとても美しくて有名!


サンファンチャムラからはタクシーで15分くらいの所にある隣の村なのに、村に着いた瞬間とてもキレイな民族衣装を着た人達が沢山いました。

12_20090204025941.jpg

13_20090204030212.jpg


青と紫の花の刺繍が特徴的ですごくキレイ!!

16_20090204030554.jpg

17_20090204030656.jpg

14_20090204030250.jpg

22_20090204031041.jpg


15_20090204030512.jpg
おいおい、髪のお団子前過ぎだろ~おばちゃん!!

18_20090204030737.jpg
って思ったら他の人も結構やってた。
これも伝統的なことのようです。 なかなかイイね♪(笑)

19_20090204030839.jpg



村を歩いてたら、ちっちゃな女の子に『家で織物してるから見せてあげる!』と言われたので連れてってもらいました。

20_20090204030920.jpg

おかあさんは、せっせと織物をしていて恥ずかしそうにしながらも色々見せてくれました。

あのキレイな刺繍はこうやって織られてたんだなー 

こういう伝統を守る為にも早くEZLNサパティスタが目標とする国になってほしい。

メキシコはとてもいい国だけど、まだまだ沢山の問題を抱えています。

21_20090204030959.jpg

でも先住民のみんなや子供たちは笑顔で僕を迎え入れてくれる。


僕はそういう一つ一つの笑顔を絶対忘れない。


自分に出来ることは髪を切ってあげることくらいしかできないけど、家へ案内してくれた右の女の子の前髪を切ってあげたら、すごく喜んでくれた。 


ハサミを持ってきてなかったので前髪しか切れなかったけど、今度はちゃんと切ってあげたいなー

ティアンギス!  サンファンチャムラ村へ

週末の土日になると、サンクリ近郊の村ではティアンギスと呼ばれる定期市が日の出とともに始まります。


今回行ったサンファンチャムラは、数ある村のティアンギスの中で一番大きく活気があることで有名なんだけど、前回のブログで紹介したサパティスタEZLNの保護地区の村なので写真があまり撮れなかったり、教会に入るのに許可証を取りに行ったりと大変だった。


でも、流石に有名なティアンギスだけあってとても独特で面白かった! 


1_20090204024958.jpg

5_20090204025542.jpg

8_20090204025740.jpg

2_20090204025055.jpg


活気が凄くあったし、規模も大きかった。 それに一番変わってたのが評議員と呼ばれる人達が30人くらい勢ぞろいしてティアンギスを見守っていた。 評議員の人達は独特な民族衣装を着ていてとても異様な光景だったんだけど、写真が取れなかったのでうまく伝わらないなぁ…

7_20090204025701.jpg
先住民のインディヘナの女性は、みんな髪が長くて3つ編みをしている。 子供からおばあちゃんまでみんなやっていて可愛らしい♪

6_20090204025623.jpg
なぜか大きな十字架を持って歩いてる人がいた。 買ったのかなぁー?

4_20090204025310.jpg

3_20090204025156.jpg

許可証を取って教会の中に入ったんだけど、中の光景は不思議な別世界だった。


先住民の人達が、教会の床一面に敷き詰められた松の尖った葉の上に、沢山のロウソクを並べながらスペイン語ではない独自の言葉でお祈りをしてました。


写真には取れなかったけど、その光景はきっといつまでも忘れないだろうと思います。


メキシコの文化ってすばらしい!!


EZLN サパティスタ民族解放軍

サンクリから乗り合いタクシーで1時間ちょいの所にオベンティックという場所がある。

11_20090203115004.jpg


サンクリ周辺にはマヤ系の先住民達の村が沢山あるんだけど、今回行ったオベンティックはサパティスタ民族解放軍(EZLN)の施設がある村。


EZLNとは、マヤ系先住民を主体とする政治軍事組織で1983年に創設された。


900にのぼる先住民共同体のサパティスタ支持基盤組織、4つの文化的な共同体の委員会が構成され、その代表で構成される先住民革命地下委員会が最高決定機関。
リーダーには副司令官のマルコスがいる。 マルコスがリーダーなのに副司令官なのは、本人自身は先住民ではなくスペイン人らしいので、あえて身を引いて副司令官の座についてるみたい。


EZLNの目標は貧しい先住民の労働、土地、住宅、食料、健康、教育といった基本的な権利が保障され、自由、民主主義、正義のあるメキシコを建設すること。


1994年1月1日 北米自由貿易協定発効に反対して、EZLNが武装蜂起しチアパス州東部の主要都市を占拠 12日間の戦闘で終了。 メキシコ政府との話し合いによって1996年2月に先住民の権利と文化に関するサンアンドレアス合意が調印された。 しかし、メキシコ政府は未だに約束をあまり守っていない。


EZLNは今、インターネットなどのメディアも活用しながら国内外の市民社会との対話を精力的に展開している。


今回、そんなEZLNの活動の話などを聞きに行ってきました!


まず、村に入る前にパスポートチェックをし受付をする。 その後、別室にてサパティスタ幹部の人達による面接が行われます。


この面接がホントすごい! っていうか異様な光景。 サパティスタの特徴というかトレードマークにもなっているのだが、みんな黒い覆面を被ってます。

4_20090203114444.jpg

3_20090203114416.jpg

こんな先住民の人達にスペイン語で質問されるんだけど、いろんな活動内容を聞けるほどの語学力が無いので、ほとんど質問に答えるだけになってしまった。

EZLNの活動内容や思想などを聞いてると、チェ・ゲバラの意志を汲んでるようにも思えます。

面接では、真ん中の女性がすべて応対してくれたんだけど、これには女性でも男性と同じように幹部にもなれ、仕事をしたいという男女平等で自由な思想の表れです。

なんとなくしか話は分からないけど、考えさせられることが沢山ありました。


2_20090203114347.jpg

面接が終わった後は、村を見学させてもらいました。


村の建物には病院、学校関係なくEZLNの先住民によるスローガンが沢山描かれていました。


そのスローガンの画がなかなかカッコ良くて思わず足が止まってしまった!


もっとサパティスタの事を勉強して改めて来てみたい! そう思いました。

5_20090203114529.jpg

6_20090203114559.jpg

7_20090203114630.jpg

8_20090203114701.jpg

9_20090203114837.jpg

10_20090203114906.jpg

1_20090203114316.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。