スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トレッキング@アンナプルナ内院!!

ネパールのトレッキングコースは数多くあるんだけど、代表的なのが世界最高峰のエベレストのベースキャンプを目指すコース。そしてネパールのトレッキングでも1,2を争う景色が見れるアンナプルナ保護区のコース。


今回、僕が選んだのはエベレストではなくアンナプルナの方です!


理由はアンナプルナの方が凄そうだからってのと、エベレスト方面は飛行機使わないと2週間では厳しかったからです。


トレッキングに費やせる日数は最高でも9日なので…


アンナプルナ保護区は色んなコースがあるのですが、僕は上級者コースであり最高の景色が見れるアンナプルナ内院のコースにしました。


内院とはサンクチュアリという意味で、つまり聖域!  標高4000m以上の高所にあるアンナプルナベースキャンプは360度を7、8000m級の山々に囲まれた場所にあり、地元民から宗教上の聖域と見なされている場所を目指します!


ちなみに行って帰ってくるまで普通はガイドを付けて9日間位は掛かるらしいのだが、僕には時間がないので7日間で行ってこようと思います。


え~ そして自由に自分のペースで登りたいのでガイドも付けずに登ることにしました。 お金もないしね。。。。


トレッキングをする為の許可証をゲットし、町で地図を買っていざ出発!!!!


ルートはこんな感じでーす!!!!!

                      ↓↓↓↓↓↓

map.gif

初日からガンガン飛ばしたので、そうとうキツかったけど2日掛かる距離を1日で歩く事ができました。


正直、最高にしんどかったけどね。。。。

1_20091127014622.jpg
▲遠くに見えるのがポカラの町

2_20091127014622.jpg
▲左のとんがってる山がマチャプチャレ山

3_20091127014622.jpg
▲牛も沢山歩いてます。

4_20091127014622.jpg
▲さすがトレッキングベストシーズン!! 各国のトレッカー達が登ってます。 

5_20091127014622.jpg
▲山あり谷あり

6_20091127014621.jpg
▲ほとんど垂直な階段。 キツイ。。。。

7_20091127014638.jpg
▲待ってました! 吊り橋!!!

8_20091127014638.jpg
▲なかなかのスリルです。

9_20091127014637.jpg
▲だんだんばたけ~


1日目はこんな感じでしたーーーーーー!!!

 

スポンサーサイト

神々の国 ネパール

カンボジアからタイに戻って、とうとうネパールに来ちゃいました!

6_20091126222355.jpg

7_20091126222408.jpg


ネパールは以前インドにいた時に陸路で行けたんだけど、その時期は雨季だったので行くのはヤメといたんです。


ネパールに行くなら絶対にヒマラヤトレッキングをしたかったから雨季が終わり乾季になったこの時期に絶対行きたかったんだよね。。。


そんなわけで飛行機でタイのバンコクから楽勝でネパールの首都であるカトマンドゥにやってきたわけです。


そして、長きにわたる僕の旅もとうとうこの国で終わりです。  ネパール滞在期間は2週間しかないので、ほとんどトレッキングがメインになってしまうけど、旅の最後に『神々が住む山』をドンっと拝めるなんて最高ですよね??


悔いが残らないように最高の思い出作ってきます!!!!


とりあえず、トレッキングに必要な物を集める為に町を散策しました。

1_20091126222356.jpg

2_20091126222356.jpg

3_20091126222356.jpg

4_20091126222356.jpg

5_20091126222355.jpg



カトマンドゥは盆地なので最高に空気が悪い!!! 排気ガスが町中に充満してて体に悪いよ。。


でも流石は旅人が長く滞在したくなる国だ! 飯が旨い♪


日本食屋も豊富で物価も安いので助かります。


でも僕は山を登りに来たんだ! なのでノンビリすることもなく、次の日にはトレッキングの始まりの地であるポカラに移動しなければ…


さぁ これから気合入れて頑張るぞ~!!!!




ベンメリア~

初日でバッチリとサンライズとサンセットを見れたので、次の日はチョット遠いところにある遺跡に行きました。


この遺跡は密林に眠る巨大遺跡で、その名も『ベンメリア』と呼ばれています。 


アンコール・ワットから東へ車で2時間位行ったとこにあり、遺跡周辺は今も地雷の撤去作業が行なわれているんです。 

P9214381.jpg
▲ベンメリア第三回廊南門

P9214390.jpg
▲十字回廊内

P9214416.jpg

遺跡は修復が施されないまま森の中にひっそりと埋もれていて、見学の際には崩れた石材の上を歩きながら遺跡を見れるので、自分が探検家になったような気分になれるんです!!

P9214418.jpg

P9214404.jpg

写真で見ると普通に崩れてるだけに見えるけど、実際に見るとその規模に圧巻です!


そして遺跡の石材に生えたコケで足を滑らせながら、道無き道を自分の思うままに探検してると、本当に子供の頃に戻った感じがしてきて最高に気持ちイイんです♪

P9214402.jpg

P9214408.jpg
▲アンパンマン??


カンボジアでは時間が無くて、アンコール・ワットなどの遺跡見学だけになっちゃったけど、それでも自分が冒険家になったような体験ができたから楽しかった~!


やっぱり男たるもの一度は冒険家になってみたいですよね??? 笑

バイヨン寺院とタ・プローム

アンコール・ワット遺跡群には、まだまだ凄い遺跡があります。


その中でもバイヨン寺院とタ・プロームはアンコール・ワットよりも印象的で凄かったです!

P9204218.jpg
▲バイヨン寺院

P9204163.jpg

P9204197.jpg

バイヨン寺院の特徴は、中央にある大きな塔などの、塔の4面に彫られている人面像!

これがなんとも迫力があって凄い!!!

P9204253.jpg

5_20091105013846.jpg

そして壁に彫られた彫刻も細部まで綺麗に彫られていて、ずっと見てると当時の世界に吸い込まれそうな感じがしてきます。

6_20091105013845.jpg

このバイヨン遺跡は、アンコール・ワットで日の出を見た後に行ったのもあってか、人が少なくて最高でした!!!

4_20091105013846.jpg
▲やっぱり、四面像の観世菩薩像は大迫力なり!





バイヨン寺院を見た後は、もう一つの見所であるタ・プロームに行きましたー。


この遺跡の特徴は何と言っても遺跡に絡みつくガジュマルという樹木。

P9204311.jpg

ここタ・プロームは、ガジュマルが遺跡を侵食していて、まるでタコが獲物に絡みつくみたいに遺跡を侵食してました。

P9204323.jpg

な~んかラピュタみたいな感じですね♪

P9204304.jpg

とりあえず、登っときました♪♪ 笑




クレール建築の傑作、アンコール・ワット!

そうだ! 忘れてた。。。 


ネパールの前にカンボジアに行くんだった。。。


そういうわけで、タイのバンコクから夜行バスに乗り、カンボジアのシェムリアップまでやってきました。


悪路で有名だった、タイからシェムリアップへの道は今ではスッキリ舗装されていました。


東南アジアも日々、進化してるようですね!!!


さて、シェムリアップにはあの超有名な遺跡があります!


そうです! アンコール・ワットです!!!

P9204365.jpg
▲正面から見たアンコール・ワット


カンボジアはアンコール・ワットのオカゲで観光客が多く来るので、入場料がけっこう高いんです!!!


そして、アンコール・ワットは遺跡群で広大な敷地に数多くの遺跡が点在してるので、前日にバイクタクシーと交渉して安く雇う事が必要です! これが自由に安く周る方法ですね。


当日は、日の出を見る為に夜明け前に出発したので、そうとう眠かったです。。。。

2_20091104224921.jpg

アンコール・ワットは、やはり有名なだけあって、今まで見てきた遺跡の中でも彫刻が細かくて綺麗でした。


流石ですね~

3_20091104224920.jpg

でも・・・・・・

1_20091104224921.jpg

でも・・・・・・・・・・

P9204352.jpg

人、多すぎ!!!!!!  しかも日本人ばっかり。。。 


カメラを構えると必ず日本人がファインダーに入ります。。。。 なんだか日本に居るような感覚になってしまうよー


人が居ないときにアンコール・ワットに行けたら、きっと涙が出るくらい感動するんだろうなぁ~


P9204074.jpg

でも、朝見たサンライズは最高に綺麗でした!!!!!!

P9204094.jpg

この時期は雨季なので、ここまで綺麗に見れるのは運が良くないと見れないんです。

P9204114.jpg

これぞマジックアワーですね!!!!

P9204371.jpg
▲これはサンセット。 やっぱり日の出の方が綺麗だね~

P9204379.jpg
▲サンセットで見れた、珍しい現象


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。