スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ダマスカスの宿までの道のり、なかなか険しい…

カッパドキアを一泊2日で十分堪能し、シリアに入国しました。


完全にアラブ圏です。 シリアの人たちは、みんな親切にしてくれるけど、旅は南米以上にやりにくい。


アレッポ石鹸で有名なアレッポにチョビットだけ滞在し、すぐさま首都のダマスカスに移動。


いったいこの数日で何キロ動いてるのだろなー


そして、ダマスカス到着。 さーてホテルはどこにあるのやら…  


とにかく町の中心までバスで移動することにしたんだけど、さっぱりわかりません。


なにしろガイドブックを何も持ってなかったし、英語もあんまり通じない。


困った。 とっても困った。 


ダマスカスで一番有名なものと言えば旧市街のスークだってことは知ってたので、そこにたぶん行くであろうバスに乗り込み、無事に着くようにお祈り。


そして、見事到着。  でももう夜。  ホテルがどこにあるのかも分からんし、僕以外のツーリストは全然みかけない。  やみくもに動き回って宿を探すより、旧市街のスークの前で待ってたら一人くらいはツーリストが現れるはず!

3_20080902161753.jpg


ということで、待つこと約30分。  欧米人発見! さっそくどこら辺に泊まってって、お勧めの宿はどこか教えてもらい、無事にチェックイン!


ダマスカスは安宿が少ないのか、どこもいっぱい。 無事にチェックインできてよかったー!


この半年の旅でスキルがかなりアップしたことを実感しました。  でもやっぱりアラブ圏はガイドブックがあった方が良い!
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://zoddoken.blog96.fc2.com/tb.php/109-69e15951
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。