スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジンカで療養。 …そしてナイロビへ

2日経っても体調が全然良くならず、夜になると謎の咳が出てなかなか寝れない。 


マラリアでは無いと思うんだけど、謎の咳と謎の痛みの無い下痢には悩まされます。


たぶん咳はこれまでの中東の乾燥した気候から一気に湿度の高い気候に変わったのが原因かなーっと思うんだけど、やっぱり謎は謎。  喘息とか無いはずなんだけどなー


仲間の何人かも体調を崩してしまったので、ここで療養することにしました。


マーケットが終わった村は雰囲気がとてもゆったりしてて、すごく落ち着く。


そんな訳で結局、全部で5日間滞在してしまいました。


お陰で体調も回復し、ケニアのナイロビまで一気に移動しました。 


一気に移動すると言ってもジンカからナイロビまでの移動は世界でも最も過酷と噂されるほどの陸路移動。


早朝5時のジンカのバス乗り場でシート争奪戦をし、なんとかシートを確保できたもののケニアとの国境までは長い道のり。 もちろん道はガタガタのバスの密度は200パーセント!

DSC_0601.jpg
途中の村で出会ったカワイイ子供。 元気をわけてもらった!!

IMG_7974.jpg
俺のサングラスがお気に入り♪

IMG_7983.jpg
外すと悲しい顔をする(笑)




ジンカを出発して15時間でやっと国境に着いた。


ここで一泊し、朝一番でケニアに入国! ここからも大変だった。

IMG_8616.jpg
トイレはこんな感じ



基本的に国境からナイロビまではバスかローリー(荷物運搬用の大型トラック)の荷台での移動しかない。


どちらもかなり過酷! バスは超ガタガタ道を時速80㌔で24時間永遠と走り続けるし、ローリーは荷台の上なんで言うまでも無く地獄。


だけど俺達はラッキーだったのか、そのどちらでもなくランクルで行けることになった。


ランクルだったら人数も限られるし、舗装されてない道でもバスよりはマシなはず!


みんなでラッキーだねぇ~ なんて言いながらランクルに乗り込みナイロビを目指した。


でもラッキーなんて思ったのは最初だけ…


この車はキーを回しただけではエンジンが掛からないので皆で車を押しながら掛けなきゃならないし、スピードは30㌔しか出ない。  しかも乗るのは俺達だけかと思いきや地元の奴らも乗り込み結局12人で狭い車内に乗るハメになった。


さすが世界最強の陸路移動!そう簡単にはいかず、やっぱり地獄でした。

IMG_8034.jpg
みんなご臨終…

DSC_0626.jpg
ナイロビまではまだまだ遠い…


でもこれ以上それを話すとホントに長くなるし、思い出すだけでもツラくなるので書くの止めときます。


とりあえずホントに地獄だった。 車は数え切れないほど押したし、結局ナイロビ着くまで3日間も掛かってしまった。

IMG_8629.jpg



仲間と一緒じゃなかったらナイロビまで着くのはきっと無理だっただろう。


ホント、みんなに感謝!!!
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://zoddoken.blog96.fc2.com/tb.php/138-d8587ed3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。