スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マッターホルン  inツェルマット

インターラーケンでは快晴の天気で最高のアルプスを満喫できた。


この調子で次なる山を目指し、イタリアとの国境に近い村であるツェルマットのやってきた。


ここはガソリン車の乗り入れが禁止されていて、村には電気自動車しか走ってなく空気がとてもキレイ。 かなり環境保護に力を入れているようです。


ところでこの村は世界中のアルピニスト達が憧れるマッターホルンという山の麓に位置する村。


村には完璧な装備で山に向かうアルピニスト達がいっぱい!


僕はとりあえずスイスの2大山を見ながらハイキングするのが目的なんだけど、本気の男達を見ると登りたくなってくる。 だけども皆さん命がけで登ってるし、何しろこの山を登頂はレベルMAXらしいので素人には無理と言われました。


しかたなく、登山列車で展望台を目指しました。 

1_20080722003516.jpg

2_20080722003558.jpg


3030m位に位置する展望台から、モンテローザ山を眺めつつハイキングを開始し今回の目的だった逆さにマッターホルンが映る湖を目指しました。

4_20080722003649.jpg

3_20080722003730.jpg

5_20080722004015.jpg

でもあいにくの天気…   晴れているのだが雲が多く、常にマッターホルンの頂上は雲に隠れていて、半分しか湖に映ってない。

6_20080722004118.jpg


とりあえず意地悪な雲を眺めつつリンゴを食べたりバナナを食べたりしながら待ってみることに。


最近、果物とパンしか食べてないのですぐにお腹が減ります。


2時間以上待っても雲に隠れたままだったので、痺れを切らして麓を目指すことにしました。

7_20080722004208.jpg


歩いているうちに見えてくるだろうという期待を込めて…


だけど、なかなか見えてこないので維持になって村まで歩いて降りることにしました。


登山経験者だと分かると思うんだけど、登りよりも降りの方が実はツライ…


3000mから1000m地点にある村まで頑張りました。


でもおかげでやっと途中で雲がなくなりバッチリ拝めたぞ~♪

8_20080722004243.jpg


しかも本当は電車で帰るつもりでいたので、帰りの電車代3500円得しました。


足がプルプルしてかなりキツかったけど、スイスの2大アルプスを制覇だ~♪
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://zoddoken.blog96.fc2.com/tb.php/96-3c2ded65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。